日記・コラム・つぶやき

2017年7月30日 (日)

巣立ち

きょう、庭の木に作られていた巣から、3羽の小鳥たちが巣立って行きました。

Image_170730_3

Image_170730_4

正確には親鳥が作った巣ではなく、ステンレス製のザルからの巣立ちです。実は数日前に巣が壊れて小鳥が落ちてきたので、嫁さんが小鳥を拾って木の葉と一緒にザルに入れ、ザルを木の枝にくくりつけたそうです。

Image_170730_1

Image_170730_2

なかなか飛び立たなくて、しばらく木の枝に停まっていましたが、どうやら無事に巣立って行ったようです。元気に育って欲しいですね。

Image_170730_5

Image_170730_6

写真撮影には、先日買った EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM が大活躍です(写真はトリミングしています)。望遠レンズはあまり使う機会が少ないのですが、あると便利です。

2017年5月14日 (日)

今年はサクランボ不作

今年は、庭の桜の木のサクランボが不作な様で、かなり数が少なくなっています。

Image_170514_1

今年は3月上旬が寒く、桜の花の咲く時期が例年より2週間ほど遅かったのですが、この3月の天候が影響しているのかもしれません。しかも、今年は鳥が多くやって来て、まだ熟していないのに、ほとんど食べられてしまいました。

Image_170514_2

昨年の今頃には、ボウルいっぱいのサクランボが余裕で収穫できていたのですけどね。

Image_170514_3

来年に期待です。

2017年4月16日 (日)

ファミコンミニが手に入りました

品薄だった「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」がようやく手に入りました。

Image_170416_5

普通に買えるようになってから買おうと呑気に構えていたのですが、4月14日に任天堂から「一旦生産を終了しております。」との発表があったので、ダメ元でネットで探してみたところ、yodobashi.com で注文することができました。注文してから2時間後くらいには「予定数の販売は終了しました」に変わりましたので、本当に運が良かったです。購入価格は税込みで ¥6,450 です。

Image_170416_6_2

本家ファミリーコンピュータの60%の大きさということですが、結構小さく感じます。ACアダプタは付属していませんが、NEXUS 7 用のACアダプタで動作しました。昔懐かしのケームで少し遊んで見たいと思います。

2013年2月 3日 (日)

VIERA TH-L42DT5 を買いました

まだ和室に残っているブラウン管のテレビを、32型くらいの大きさの液晶テレビに買い替えようとネットで物色していたところ、この VIERA の DT5 シリーズを見つけました。

この DT5 シリーズは、シルバーメタリックで薄型ベゼルのデザインが大変気に入ったのですが、残念ながら最小サイズが42型となっています。そこで、5年ほど前に買ったリビングの37型AQUOS LC-37GX4W を和室に持っていき、DT5 シリーズの42型(TH-L42DT5)をリビング用に買うことにしました。

今までリビングのテレビ台には 37型のテレビまでしか乗らなかったのですが、この DT5 シリーズなど、最近の液晶テレビはベゼルが薄くなっているため、ひとまわり大きい42型でも十分に乗せることができるようです。

Image_130203_1

このように、ピッタリと収まりました。今までより画面サイズが5インチ大きくなりましたが、バックライトがLEDであるため、消費電力が半分になっています。リビングのテレビは一番良く使うので、消費電力が減るのは嬉しいですね。あと、リビングではLAN配線の問題からテレビをネットに接続していなかったのですが、DT5 は無線LAN内蔵ですので、Wi-Fiでネットにつなげられるようになりました。

気になる点ですが、DT5 のクリアパネルはきれいですが映り込みが目立ちます。前のAQUOS LC-37GX4W はノングレアだったため、余計に気になっています。上の写真では、室内が液晶画面に映り込んだため、暗く加工しています。

音質の方は、ちょっと不満ですね。テレビが薄くなってきているので無理が出ているのかもしれません。安いホームシアターセットでも買おうかな。

2012年12月24日 (月)

久しぶりに腕時計を買った

最近では携帯電話やスマートフォンを持ってるので、腕時計をしていない人も多いようですが、私は出かけるときに腕時計が無いとしっくりきません。今まで使っていた腕時計は、18年前に購入した SEIKO の DOLCE。型番は忘れてしまいましたが、5万円で買った腕時計です。18年間故障なしで動き続けてくれましたが、18年も経つと傷だらけになってしまいました。そこで18年ぶりに腕時計を買い替える事にしました。

18年間も同じ時計を使い続けているということでもお分かりの通り、私は特に腕時計に興味を持っていません。なので腕時計に対して自分の好みのデザインというものを明確に持っていません。このままでは、お店でたくさんの時計を見てしまうと迷って買えなくなってしまいますので、おおよそメーカと機能、価格帯などを絞って、カタログやネット等で調べてから買いにいく事にしました。絞った条件は下記の通りです。

  • SEIKO か CITIZEN
  • シンプルなデザイン(3針で文字盤の色は黒)
  • ソーラ発電
  • 電波時計
  • チタンケース(軽い)
  • サファイアガラス
  • 定価で5万円前後

カタログには沢山の時計が並んでいますが、これだけ条件を絞ると、条件に合う時計は少なくなります。幾つかに候補を絞って量販店に見に行きました。カタログやネットの写真では大きさやデザインの細部のイメージがつかめませんし、その場でベルトの調整もして欲しいので、今回は通販での購入は止めました。

店で幾つかの時計を見比べて、結局 SEIKO SPIRIT SBTM113 定価52,500円(税込)に決めました。購入価格は36,700円(ポイント13%還元)でした。

Image_121224_1_2 Image_121224_2

店では CITIZEN の アテッサATD53-2841 と迷いました。SBTM113 と ATD53-2841 は販売価格が同じで、大きさもほぼ同じ、デザインも似たような感じです。機能的にはJIS1種耐磁、衝撃検知機能がある ATD53-2841 の方が SBTM113 より上なんですが、最後はデザインで決めました。ただ、SBTM113 のケースは純チタン製でステンレスより柔らかいそうで、傷が付きやすいという点は少し気になりますね。

2011年5月21日 (土)

庭の芝生の張り替え、その後

Image_110521_1 前回、芝生張り替えの記事を書いたのは5月10日でしたが、張り替えた日は4月24日でしたので、芝生を張り替えてから間もなく1ヶ月となります。芝生の方は順調に伸びてきているようですが、まだ芝刈りをしなければならないまでには伸びていません。今回、芝生は目地張りで植えましたが、まだ芝の隙間は埋まっていません。隙間なく全面が芝生になるには、もう少し時間がかかるようです。

Image_110521_2

今日は天気が良かったので、庭で花の写真を撮りました。

Image_110521_3

Image_110521_4

Image_110521_5

2011年5月10日 (火)

庭の芝生の張り替え

Image_110510_1 芝生を植えてから、今年で9年が経ちました。植えてから数年間は青々としていて、芝刈りをサボると大変な事になるくらい芝生の元気が良かったのですが、ここ数年は元気がなくなってきました。地面が踏み固められてきている事と、害虫の発生が原因かもしれません。そこで、今年は芝生を張り替える事にしました。

Image_110510_2 まずはシャベルで地面を掘り起こし、芝生を全てはぎ取ります。また、うちの庭の土は粘土質なので、土壌改良のために地面を深く耕し、土に腐葉土とパーライトを混ぜました。

今回、土を掘り返すと、黄金虫の幼虫が大量に出てきました。今まで芝生に農薬を使っていなかったので、大量に発生したのでしょうか。この黄金虫の幼虫が芝生の根を食い荒らしていたのかもしれません。

Image_110510_3 今まで芝生が花壇に浸食して、芝生と花壇の境界が曖昧になってしまっていましたので、今回は芝生の根が花壇に出て行かないように、また花壇の土が芝生の上に流れないように、エッジに「あぜカード」を埋め込む事にしました。今回購入した「あぜガード」は、幅が25cmで、長さが10mあります。そこで幅を半分に切って使用しました。

Image_110510_4 Image_110510_5

ホームセンターで購入した姫高麗芝を庭の端から植え付けていきます。今回は人が芝生を踏まずに歩けるように飛石を置きました。その後、目土を蒔いて芝生の植え付けは終わりです。

あと、仕上げとしてシマトネリコの根元にバークチップを蒔き、白い石を庭の入り口に蒔きました。この白い石は、以前に芝生と花壇の境界に蒔いていたものですが、全て土に埋もれていました。今回、この石を掘り出しましたので、水で洗って再利用です。

庭はこんな感じになりました。

Image_110510_6

2011年5月 1日 (日)

ホームページを初めて今日で丸4年

ホームページ “コーギーが住む発電所” を初めて、今日で丸4年となりました。当初は、もっと色々なコンテンツを掲載しようと思っていたのですが、今は太陽光発電と愛犬ロンのアルバムだけとなっています。それでも、ほぼ毎日、発電量だけは更新しています。訪問者は少ないですけどね。

こちらの“コーギーが住む発電所BLOG”の方は、始めたのが2007年5月13日ですので、後12日で丸4年です。こちらはカウンタが約 93,600 ですので、そこそこ訪問して頂いているようです。

Image_110501_1

Image_110501_2

Image_110501_3

2009年7月18日 (土)

AQUOS LC-20D50買いました

エコポイントに釣られて、寝室に置いてあったブラウン管TVを20インチの液晶TV、SHARP AQUOS LC-20D50 に買い替えました。

Image_090718_1

以前に2年前にAQUOS LC-37GX4Wを買っていますので、 これで液晶TVは2台目となります。今度は寝室用なので、20インチの大きさにしました。

液晶TVも2年前に比べて安くなりましたね。今ならエコポイントで還元されますのでお得です。20インチの液晶TVですと、7,000点のエコポイントが付きます。前のTVをリサイクルに出しましたので、さらに3,000点が付きます。ただしリサイクルは有料ですので、実質800点となります。

このエコポイントはクレジット会社のギフトカードとも交換できるのですが、発送手数料が500点かかるようです。エコポイントは合計で10,000点となりますが、受け取れるギフトカードは9,500円分となります。

2008年3月13日 (木)

PowerMacG5の次は何を買えば良い

現在、PowerMacG5 1.8GHz dual をメインに使用していますが、そろそろIntel Macへ買い替えたいと思い始めています。今までを振り返ってみると、だいたい4年前後で次の機種に買い替えているようです。毎回、5年以上は使おうと思って買うのですが、だいたい3年もすると技術的に大きな変化が起こり、自分の使っている機種が見劣りしてしまいます。特に今回はプロセッサがPowerPCからIntel x86系に変わるという、非常に大きな変化がありました。

毎回、購入するモデルはフルモデルチェンジをしてから2代目のモデルにしています。PowerMacG5の後継機種はMacProとなりますが、今年の1月でやっと2代目が発売となりました。しかし、今回はいつもと少し状況が違います。

AppleはMacProを本当にプロ用(仕事用)として考えているようで、価格、スペックとも家庭で趣味用に買うには高すぎるのです。

2代目MacProは標準構成で349,800円です。この価格は昔のパソコンの価格と比べると決して高い訳ではないのですが、今の感覚ではちょっと手が出ません(初代X68000は369,800円だったかな.)。また標準構成で8コアですが、3Dレンダリングでもしない限り、8つもコアは必要がないと考えています。

価格を抑えようとするとiMacやMac miniを選択することになりますが、モニタは分離していた方が良いし、メモリとHDDくらいは自分で簡単に交換したいのです。(それにMacProのデザインが好きです。特に中が...。)

そこで、Apple StoreのBTOでプロセッサを1基(4コア)にすることも考えています。こうすれば価格は287,850円に抑えられます。これは初代MacProとコア数は同じでメモリは倍の容量、価格は約3万円ダウンとなります。

ただ、プロセッサを1基にして買ったという話は聞かないし、ちょっともったいない気がするんですよね。初代MacProが安く買えるのなら、それでも良いかも。

より以前の記事一覧

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ