雑貨

2012年9月17日 (月)

Zライト Z-972 anodize SLM を購入

4年前に無印良品のアルミワーキングライトを購入して使用していましたが、子供に譲ってしまったので、自分のものを新たに買いなおす事にしました。

前回購入したアルミワーキングライトは、アームが1段のコンパクトなものでしたが、少し小さく感じていましたので、今度はアームが2段のものを購入する事にしました。蛍光灯のものとLEDのものを分けずにネットでいろいろと物色し、候補を下記の3機種に絞り込みました。絞り込んだ3機種とも蛍光灯タイプとなりました。

  • スワン電器 Slimac EXARM3
  • 山田照明  Z-999
  • 山田照明  Z-971 or Z-972 anodize

ネットの写真では質感などが分からないので電気屋に見に行きました(Z-971はありませんでした)。色々と迷ったのですが、Z-972 anodize に決めました。しかし残念ながらお店には Z-972 はダークグレイしかなかったので買わずに家に帰り、ネットで Z-972 anodize のシルバーメタリックを購入しました。書斎に取り付けてみたところ、下記のような感じとなりました。

Image_120917_1_2

Z-972 anodize は、主アームがアノダイズ(anodize)仕上げ(陽極酸化被膜処理)が施されており、つるつるピカピピカで質感が良い感じです。セードは樹脂製に塗装ということなので、安っぽくないかと心配したのですが、悪くない感じです。シルバーメタリックは現物を見られなかったので少し心配していたのですが、シルバーにして良かったです。

Image_120917_2

Image_120917_3Image_120917_4

2008年10月11日 (土)

アルミワーキングライト

今、アルミ製のものを揃えるのがマイブームとなっています。アルミ製のデスクライトが欲しくて探していたのですが、良い物は高いですね。BALMUDAのhighwire がお気に入りだったのですが、6万円もしますし、ちょっと手が出せません。そこで、価格の安い無印良品のアルミワーキングライト(9,450円)を購入しました。

Image_081011_1

机の上はこんな感じになっています。この写真に写っている机上のものは全てアルミが素材に使われているものです(フォトフレームもですね)。

元々のデスクライトの角度調節用つまみは、デスクライトを机の右側に置いた場合に手前にくるように付けられていましたが、私は机の左側に置きたかったので、つまみを取り外し、反対側に付け直しました。

Image_081011_2このアルミワーキングライトですが、デザイン的には気に入っているのですが、質感という点では値段相応というところでしょうか。

また角度調節用つまみには細かい傷がついていますし、その取り付け部分にも傷があります。さらにベースの差し込み部分もグラグラしているのも気になります。

この値段ですと、こんなものなのでしょうかねぇ。

2008年10月 4日 (土)

ティッシュケース

通販でティッシュケース、ヤマト工芸 のNAURE-BOXを購入しました。色はナチュラルで、価格は2,625円でした。

Image_081004_1

以前にもヤマト工芸のゴミ箱を買った事がありますので、ヤマト工芸のものは、これで2つ目となります。

Image_081004_2_2素材はシナ合板です。大きさは、ティッシュの箱より一回り大きく、横3cm、奥行き1.5cm程の余裕があります。本当はぴったりの大きさの方が良かったんですけどね。ケースの裏に2枚の移動する小さな板が付いていて、ケースを持ち上げてもティッシュの箱が落ちないようになっています。

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ