« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月の記事

2017年7月30日 (日)

巣立ち

きょう、庭の木に作られていた巣から、3羽の小鳥たちが巣立って行きました。

Image_170730_3

Image_170730_4

正確には親鳥が作った巣ではなく、ステンレス製のザルからの巣立ちです。実は数日前に巣が壊れて小鳥が落ちてきたので、嫁さんが小鳥を拾って木の葉と一緒にザルに入れ、ザルを木の枝にくくりつけたそうです。

Image_170730_1

Image_170730_2

なかなか飛び立たなくて、しばらく木の枝に停まっていましたが、どうやら無事に巣立って行ったようです。元気に育って欲しいですね。

Image_170730_5

Image_170730_6

写真撮影には、先日買った EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM が大活躍です(写真はトリミングしています)。望遠レンズはあまり使う機会が少ないのですが、あると便利です。

2017年7月15日 (土)

EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM を購入

昨年の12月にCanon から望遠ズームレンズ EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM が発売されてから、ずっと興味を持っていました。しかし、昨年の初めに TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) を買ったばかりでしたので我慢していたのですが、買ってしまいました。

Image_170715_1

フードは別売りです。少し高いですが必需品だと思いますので、一緒に購入しました。フードを付けるとこんな感じです。

Image_170715_2

今持っている望遠ズームレンズを並べてみました。見ての通りですが、左から EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM、SP 70-300mm F/4-5.6 zDi VC USD (A005)、EF-S 55-250mm F4-5.6 IS の順で並んでいます。

Image_170715_3

フードを付けて比べてみます。

Image_170715_4

大きさは、TAMRON の A005 とほぼ同じです。重さは A005 より 55g 軽いです。EF 70-300mm の方が A005 より少し細くなっていますが、フィルタ系は一回り大きく、67mm となっています。手持ちのレンズでは、口径が 67mm のレンズが増えてきました。これで5本目になります。望遠ズームレンズを3本持っていても使わないと思いますので、A005 と EF-S 55-250mm は売却する予定です。(A005 も悪いレンズではないと思うので、ちょっと申し訳ない感じです。)

早速、庭に出て試し撮りをしました。

Image_170715_5

Image_170715_6

Image_170715_7

Image_170715_8

使ってみて真っ先に感じるのは、オートフォーカスが非常に静かで速いということです。これは A005 と比べ物にならない感じですね。音の静かさでは、EF 24-105mm F3.5-5.6 IS STM と同等で、ほとんど音がしない感じです。ナノUSM は凄いです。

オートフォーカスの音が静かな分、シャッターを半押しした時に発生する「ギッ」というような音が気になります。IMAGE STABILISER が動作し始めるときの音だと思います。EF 100mm F2.8L マクロ IS USM でも同じような音がするのですが、手持ちのCanon製のレンズの中では、この2つのレンズの動作音が大きいです。

試し撮りでは良い感じでしたので、望遠ズームレンズも積極的に使っていきたいと思います。

2017年7月 1日 (土)

太陽光発電2017年6月の実績

Image_170701_2
雨上がりの水玉がきれいです。

2017年6月の発電データをWEB版コーギーが住む発電所ページの月別発電状況に掲載しました。

6月になり梅雨に入ったのですが、雨の日は少なく、天気の良い日が続いた印象です。発電量も伸び、6月の発電量は 502kwh となりました。これは6月の発電量としては異例で、今までの最高だった419kwh の約2割アップとなります。逆に 7月は雨の日が増えて、発電量が伸びないかもしれませんね。

Image_170101_1

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ