« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の記事

2017年4月30日 (日)

EF 35mm F2 IS USM を購入

9年ほど前に EOS 40D 用の標準レンズとして EF 35mm F2 を購入していましたが、最近では使用していない状況になっていました。先日、なんとなく EOS 6D に装着して写真を撮って見たところ、結構良い感じです。思えば、APS-C サイズ用に 56mm 単焦点レンズとしては使用していましたが、35mm フルサイズでは使ったことがなかったので、EOS 6D でも 35mm 単焦点レンズを使って行きたくなりました。

この EF 35mm F2 を使い続けても良かったのですが、最近使っているレンズは AF が静かで速いレンズばかりですので、これをきっかけに新しい EF 35mm F2 IS USM に買い換える事にしました。今までに買ったレンズの中では、EF 100mm F2.8L マクロ IS USM に次いで、2番目に高いレンズとなります。(あまり高価なレンズは持っていません...。)

Image_170430_1

EF 35mm F2 IS USM は、前モデルの EF 35mm F2 に比べると、レンズの長さが 42.5mm から 62.6mm、幅が 67.4mm から 77.9mm と、結構大きくなっています。重量も 210g から 335g に重くなりました。2つを写真で比べてみると、下記のような感じです(左の大きい方が EF 35mm F2 IS USM です)。

Image_170430_2

Image_170430_3

重くなりましたが、EF 35mm F2 IS USM の方がカッコいい感じがしますね。また、EF 50mm F1.4 USM と、EF 35mm F2 とも並べて見ました。EF 50mm F1.4 USM と比べても、結構大きいです。

Image_170430_4

早速、庭で試し撮りをしてみました。USM になったことから、AF も静かで速くなりました。35mm フルサイズでは、F2.0 の解放時に写真によっては周辺光量の低下が気にはなるものもありますが、F4.0 くらいまで絞れば大丈夫な感じです。

35mm 単焦点レンズは、最短撮影距離が 24cm と短いので被写体にかなり近づいて撮影でき、今までに撮ったことが無いような写真が撮れそうです。

Image_170430_5

Image_170430_6

Image_170430_7

2017年4月17日 (月)

Windows 10 Creators Update

Windows 10 Creators Update が4月11日から順次提供が開始される事になりました。そこで早速、Parallels Desktop で動作させている Windows 10 を Windows 10 Creators Update に更新することにしました。

まずは念のため、Windows 10 の仮想マシンをバックアップしておきます。仮装マシンの場合、問題が起きれば完全に元に戻せるので便利ですね。

次に Windows 10 を更新する前に、Parallels Desktop を最新のバージョンの更新しました。Parallels Desktop は最新版の 12 ではなく、一つ前のバージョンとなる 11 を使用しているのですが、 Creators Update に合わせて 11.2.3 (32663)  がリリースされました。

Image_170416_1

Windows 10 Creators Update は順次提供が開始される事になっています。まだ自分のところには Microsoft からアップデートの案内が届いていませんので、「更新とセキュリティ」の「いち早く手に入れる方法を確認しますか?」の案内に従って、Microsoft のダウンロードページからアップデータ(Windows10Upgrade9252.exe)をダウンロードして更新しました。

Image_170416_2

Windows 10 Creators Update への更新後は、更新前のWindows の状態に復帰できるように、バックアップが作成されているため、ディスク使用量が増えています。仮装マシンの容量を多く使用して欲しくない事と、仮想マシンのバックアップを使って元に戻せますので、このバックアップを消去します。このバックアップを消去するには、ディスクのクリーンアップから「システムファイルのクリーンアップ(S)」ボタンを押すと、消去できるようになります。

Image_170416_3

Windows 側でディスクのクリーンアップを行ってディスクの容量を空けても、Mac 上での仮想マシンのディスク占有量は減りません。そこで、一度 WIndows を終了させて、仮想マシンの大きさを小さくします。Parallels Desktop の「構成」ダイアログの「一般」にある「再利用...」ボタンを押すことで、仮想マシンの容量が削減できます。

Image_170416_4

Windows を使う機会はあまりないのですが、今のところ Parallels Desktop 10 の上で問題なく動いています。

2017年4月16日 (日)

ファミコンミニが手に入りました

品薄だった「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」がようやく手に入りました。

Image_170416_5

普通に買えるようになってから買おうと呑気に構えていたのですが、4月14日に任天堂から「一旦生産を終了しております。」との発表があったので、ダメ元でネットで探してみたところ、yodobashi.com で注文することができました。注文してから2時間後くらいには「予定数の販売は終了しました」に変わりましたので、本当に運が良かったです。購入価格は税込みで ¥6,450 です。

Image_170416_6_2

本家ファミリーコンピュータの60%の大きさということですが、結構小さく感じます。ACアダプタは付属していませんが、NEXUS 7 用のACアダプタで動作しました。昔懐かしのケームで少し遊んで見たいと思います。

2017年4月11日 (火)

Time Machine 用のHDDを買い替え

macOS の Time Machine 用に使用している 2TB のポータブルHDD の空き容量が残り僅かとなりました。Time Machine は空き容量が無くなれば、古いバックアップデータを消してバックアップを継続してくれるのですが、これが始まるとバックアップにかかる時間が長くなるように思います。

今までと同じように、Time Machine 用の HDD を再フォーマットして、また一からバックアップを始めても良かったのですが、今回は新しくHDD を購入して、今のHDDはしばらく保管しておく事にしました。

ネットで探して見たところ、Western Digital の WD Elements Portable 3TB ( WDBU6Y0030BBK-EESN) が安く売られていましたので、これに決めました。Amazon での販売価格は 14,800円で、1,000円のクーポン付きでした(13,800円になります)。

Image_170410_1

今まで Time Machine 用に使っていた 2TB のポータブルHDD(My Passport)も Western Digital製です。この My Passport は動作音が静かでしたので、Western Digital には良い印象を持っていました。

今回購入した WD Elements(左)と、今まで使用していた WD Passport(右)を並べて見ました。上面の加工が異なりますが、デザインや大きさは同じですね。

Image_170410_2

今回購入した WD Elements も期待通り、動作音は静かだと思います。なお、WD Elements は、工場出荷時に NTFS 形式でフォーマットされていますので、Mac で使用する場合は再フォーマットが必要となります。

2017年4月 9日 (日)

桜が満開

桜が満開ですが、あいにくの曇り空。それでもEOS 6D を持って散歩に出かけました。散歩の時はレンズは1本だけ(カメラに付けて)持っていきます。今日は風があったのでマクロレンズはやめて、標準ズームレンズ EF24-105mm F3.5-5.6 IS STMを持っていくことにしました。

Image_170409_1

Image_170409_2

Image_170409_3

Image_170409_4

Image_170409_5

2017年4月 2日 (日)

太陽光発電2017年3月の実績

Image_170402_2
3月下旬、庭のサクラの木に花が咲きました。サクランボが楽しみ。

2017年3月の発電データをWEB版コーギーが住む発電所ページの月別発電状況に掲載しました。

3月も上旬は寒く、天気も悪かった印象があります。月間発電量も昨年の3月より7%ほど少し低い 396kwh となりました。2015年3月よりは5%ほど発電量が高くなっていますので、これがほぼ平均的な値なのかもしれません。

Image_170402_1

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ