« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の記事

2017年1月29日 (日)

ドキュメントスキャナ Canon DR-P215II を購入

インターネットが広まってきたことで、昔に比べて雑誌を買う機会はかなり少なくなりましたが、特集記事が気になった時などには、たまに購入することがあります。雑誌は少しずつ溜まっていくのですが、本箱がいっぱいになった時点で、古い雑誌は必要な記事の部分だけを切り取って、捨てしまいます。しかし最近、この切り取った記事が溜まってきてしまいました。以前はフラットベッドスキャナを使って記事をMac に取り込んでいたのですが、結構手間がかかるので取り込むのをサボっていた結果です。そこで、初めてドキュメントスキャナというものを導入してみることにしました。

あまりスキャンするドキュメントが多くないので、コンパクトサイズで価格が安いものという条件で検討し、Canon の DR-P215II にしました。

Image_170129_1

同クラスの製品としては、EPSON のDS-310 や、富士通のScanSnap S1300i がありますが、DR-P215II が一番販売価格が安かったこと、OCR処理でテキスト情報を付加してデータ検索を効率化する「サーチャブルPDF」の作成がMac でも可能であるということから DR-P215II に決めました。また、大きさも一番小さいようです。

DR-P215II はACアダプタなしのUSBバスパワー駆動となっています。USB3.0 の場合、ケーブル1本を接続するだけでよく、スキャン速度の低下も無いそうです。コンパクトタイプのスキャナは、使用するときだけ机の上に取り出すという使い方になると思いますので、USBケーブル1本で使用できるのは良いですね。

DR-P215II は、給紙トレイを開けるだけで電源が入ります。DR-P215II の給紙トレイを開けると、こんな感じになります。

Image_170129_2

バスパワー駆動のコンパクトタイプですので、据え置き型のスキャナに比べてスキャン速度は遅いようですが、スキャンするドキュメントの量がそれほど多くなければ、一度に両面がスキャンできますので、十分使える速度だと思いました。

今までドキュメントスキャナを購入しなかった理由のひとつとして、裏写りの問題があります。一応、DR-P215II にも「裏写り・地色除去機能」が付いていますが、やはりカラーの雑誌のページのスキャンでは裏写り除去は不十分で、画質も落ちてしまうように思います。今までフラットベッドスキャナでドキュメントをスキャンする場合には、裏写りしないようにドキュメントの裏に黒紙を重ねてスキャンしていました。この方法の方が綺麗にスキャンできるように思います(残念ながらドキュメントスキャナでは、後ろに黒紙を置けません)。

それでもドキュメントスキャナの方が手間がかからず、圧倒的に速くスキャンできますので、品質か作業時間のどちらを採るかということになりますね。

2017年1月 9日 (月)

iPhone 用のイヤホンを買い換え

 iPhone 7 用に、Lightningコネクタ接続のイヤホンを購入しました。機種は、サンワダイレクトの 400-HPL001SV です。価格は税込みで¥6,480 で送料無料でした。イヤホンは蓋つきの立派な箱に入っていました。

Image_170109_1 Image_170109_2

イヤホンのハウジングはアルミ製で質感は良い感じです。音楽の再生を制御できるコントローラ付きで、このコントローラ部に DAC や アンプが内蔵されているようです。コードとコントローラ部の色は黒で、色違いはありません。(しかし、他社から同じデザインで色違いのモノが発売されています。)

Image_170109_3

昨年、iPhone 7 に機種変更したのですが、iPhone 7 ではイヤホンジャックが廃止されました。暫くは、iPhone 7 に同梱されている「ヘッドフォンジャックアダプタ」を利用して、以前から使っている Apple In-Ear Headphones を使用していましたが、このイヤホンは 2009年に購入したもので、随分と汚れてきてるのと、コントローラの付根部分の被覆が破れていて、電線が露出しているため、断線するのは時間の問題ということで、買い換えることにしました。

Image_170109_4 Image_170109_5

ネットで Lightningコネクタ接続のイヤホンを探してみたところ、まだあまり種類は多く出ていないようでしたが、このサンワダイレクトの 400-HPL001SV と似たデザインのイヤホンが数社から発売されていることが分かりました(調べたものだけで5社)。どこが本家なのかは知りませんが、400-HPL001SV は発売時期から見て、どこかのOEM 製品だと思われます。

この5社のものは、価格や色などのデザインが少し異なっているようですが、スペックは同じように思われますので、この中からデザイン的に気に入ったサンワダイレクトのものにしました。(本当に5社全部のスペックが同じなのかは分かりませんが。)

購入する前から、イヤホンのLightningコネクタが大きいこと(幅10mm)が気になっていたのですが、心配した通り、iPhone ケースがほんの少しだけ干渉して奥まで差せませんでした。

Image_170109_6 Image_170109_7

仕方がないので、iPhone ケースの Lightningコネクタ部分をヤスリで少し削って対応しました。これで問題なく使用することができるようになりました。

Image_170109_8

2017年1月 4日 (水)

太陽光発電2016年12月の実績

Image_170104_3

2016年12月の発電データをWEB版コーギーが住む発電所ページの月別発電状況に掲載しました。

2016年12月の発電量は、昨年より少しだけ多い 216kwh となりました。12月の発電量は、年ごとに大きな差が無く、同じような発電量になっているような印象です。

Image_170104_1

2016年の年間発電量は、4423kwh となりました。2015年の年間発電量と比べると 170kwh 多くなり、過去最高の発電量となりました。2015年と2016年の月別の発電量をグラフにして比べてみますと、5月、9月、10月以外は、2016年の方が2015年より発電量が多くなっています。

Image_170104_2

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ