« iPhone 用のイヤホンを買い換え | トップページ | 太陽光発電2017年1月の実績 »

2017年1月29日 (日)

ドキュメントスキャナ Canon DR-P215II を購入

インターネットが広まってきたことで、昔に比べて雑誌を買う機会はかなり少なくなりましたが、特集記事が気になった時などには、たまに購入することがあります。雑誌は少しずつ溜まっていくのですが、本箱がいっぱいになった時点で、古い雑誌は必要な記事の部分だけを切り取って、捨てしまいます。しかし最近、この切り取った記事が溜まってきてしまいました。以前はフラットベッドスキャナを使って記事をMac に取り込んでいたのですが、結構手間がかかるので取り込むのをサボっていた結果です。そこで、初めてドキュメントスキャナというものを導入してみることにしました。

あまりスキャンするドキュメントが多くないので、コンパクトサイズで価格が安いものという条件で検討し、Canon の DR-P215II にしました。

Image_170129_1

同クラスの製品としては、EPSON のDS-310 や、富士通のScanSnap S1300i がありますが、DR-P215II が一番販売価格が安かったこと、OCR処理でテキスト情報を付加してデータ検索を効率化する「サーチャブルPDF」の作成がMac でも可能であるということから DR-P215II に決めました。また、大きさも一番小さいようです。

DR-P215II はACアダプタなしのUSBバスパワー駆動となっています。USB3.0 の場合、ケーブル1本を接続するだけでよく、スキャン速度の低下も無いそうです。コンパクトタイプのスキャナは、使用するときだけ机の上に取り出すという使い方になると思いますので、USBケーブル1本で使用できるのは良いですね。

DR-P215II は、給紙トレイを開けるだけで電源が入ります。DR-P215II の給紙トレイを開けると、こんな感じになります。

Image_170129_2

バスパワー駆動のコンパクトタイプですので、据え置き型のスキャナに比べてスキャン速度は遅いようですが、スキャンするドキュメントの量がそれほど多くなければ、一度に両面がスキャンできますので、十分使える速度だと思いました。

今までドキュメントスキャナを購入しなかった理由のひとつとして、裏写りの問題があります。一応、DR-P215II にも「裏写り・地色除去機能」が付いていますが、やはりカラーの雑誌のページのスキャンでは裏写り除去は不十分で、画質も落ちてしまうように思います。今までフラットベッドスキャナでドキュメントをスキャンする場合には、裏写りしないようにドキュメントの裏に黒紙を重ねてスキャンしていました。この方法の方が綺麗にスキャンできるように思います(残念ながらドキュメントスキャナでは、後ろに黒紙を置けません)。

それでもドキュメントスキャナの方が手間がかからず、圧倒的に速くスキャンできますので、品質か作業時間のどちらを採るかということになりますね。

« iPhone 用のイヤホンを買い換え | トップページ | 太陽光発電2017年1月の実績 »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/64825179

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメントスキャナ Canon DR-P215II を購入:

« iPhone 用のイヤホンを買い換え | トップページ | 太陽光発電2017年1月の実績 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ