« OS X Yosemite 10.10.3 にアップデート | トップページ | 八重桜が満開 »

2015年4月12日 (日)

EF 24-105mm F3.5-5.6 IS STM を買いました

EOS 6D 用に 標準ズームレンズ EF 24-105mm F3.5-5.6 IS STM を買いました。今このレンズを買うか、もう少しお金を貯めて EF24-70mm F4 L IS USM を買うかを迷っていたのですが、Lレンズは自分には贅沢な気がしましたので、今回は F4 通しの明るさは諦めることにしました。この EF 24-105mm F3.5-5.6 IS STM でも、今までに自分が買ったレンズの中で一番価格が高いレンズとなります。

Image_150412_1

購入前は、あまり格好の良いデザインではないと思っていたのですが、実際にカメラに取り付けてみると、悪くはない印象がしました。今回はレンズと一緒に専用のフード EW-83M も買いました。フードを取り付けると、こんな感じになります。フードの直径は結構大きく感じます。

Image_150412_2

レンズを前から見ると、こんな感じです。フィルター径は 77mm で、自分が持っているレンズの中では一番太いレンズとなります。私はレンズ開口部の周囲に印字されているのは好きです。

Image_150412_3

今まで所有しているレンズの中で、唯一フルサイズ対応の標準ズームレンズであった TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR Di LD Aspherical [IF] Macro (A09) と並べて比べてみました。A09 のフィルター径は 67mm ですので、フィルター径 77mm の EF24-105mm の方がふた回り大きいという事になりますが、思ったより大きくは感じません。また、重さの方はほぼ同じとなっています。最近、カメラとレンズの重さが身にしみるようになってきましたので、少しでも軽いのはありがたいです。

Image_150412_4

EF 24-105mm F3.5-5.6 IS STM は、オートフォーカスにリードスクリュー(送りネジ)タイプのステッピングモータが使われています。ピントはスーッという感じで結構早く合い、動作音は静かです。IMAGE STABILISER の動作音も非常に静かで、こちらはレンズに耳を近づけないとわかりません。なかなか良い感じです。

ただこのレンズはフォーカスの調整を電子的に行うため、電源が入っていない時にはマニュアルモードでもピント合わせができません。また電源が入っていない時にズーミング操作をすると、ピントのズレが生じます。

普段は、この EF 24-105mm F3.5-5.6 IS STM を使い、レンズに明るさが欲しい場合は、TAMRON の A09 か、EF 50mm F1.4 USM を使うという形になりそうです。

Image_150412_5

Image_150412_6

« OS X Yosemite 10.10.3 にアップデート | トップページ | 八重桜が満開 »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/61427414

この記事へのトラックバック一覧です: EF 24-105mm F3.5-5.6 IS STM を買いました:

« OS X Yosemite 10.10.3 にアップデート | トップページ | 八重桜が満開 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ