« サーバの勉強用に NUC DN2820FYKH を購入してみた (6) | トップページ | OS X Yosemite 10.10.2 アップデートがリリース »

2015年1月28日 (水)

OS X Yosemite で メール受信が遅くなったのが治った

iMac の OS を、OS X Yosemite にアップデートしてから、メールの受信時に CPU の負荷が高くなり、メールの受信にかなりの時間がかかるという状況が続いていました。当初は「メール」の不具合だと軽く考え、アップデートで直るのを期待していました。しかし10.10.1 でも改善しませんでしたし、10.10.2 もなかなかリリースされませんので、きちんと調べてみる事にしました。

「メール」のウインドウメニューに動作状況という項目があります。これを選択すると「メール」の動作状況を表示するウインドウが開きますので、これで処理負荷がかかっているときの状態を確認しました。すると、Gmail の同期中に「キャッシュディレクトリをアップデート中」という処理で CPU の負荷が上がり、かなりの時間がかかっている事が分かりました。

Image_150127_1

どうも Gmail のキャッシュがおかしくなっているような感じがします。そこで、Gmail のキャッシュを削除してみることにしました。ホームの下のライブラリ → Mail → V2 フォルダの中に各メールアカウントのメールフォルダがあります。この中で、「IMAP-Gmailアカウント名」というフォルダを他の場所に移動しました。IMAPで同期しているのであればメールサーバ上にメールは残っていますので、再度サーバと同期すればキャッシュが新たに作成されるはずです。また、同時にメールサーバ上の古いメールも整理しました。

メールの再同期にはかなりの時間がかかりましたが、この作業を行って以来、メールの受信はスムーズに進むようになりました。もっと早く調べれば良かったですね。

« サーバの勉強用に NUC DN2820FYKH を購入してみた (6) | トップページ | OS X Yosemite 10.10.2 アップデートがリリース »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/61032029

この記事へのトラックバック一覧です: OS X Yosemite で メール受信が遅くなったのが治った:

« サーバの勉強用に NUC DN2820FYKH を購入してみた (6) | トップページ | OS X Yosemite 10.10.2 アップデートがリリース »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ