« iMac を OS X Yosemite にアップデート (2) | トップページ | Nexus 7 (2013) を買ってみた »

2014年11月 6日 (木)

Swift でプログラミングを開始(3)

7月に Swift でプログラミングを開始してから4ヶ月が経ちました。ベータ版での開発となりますので、Xcode が不安定なことで色々と苦労しました。特に自分のプログラムが正しいと思われるのにコンパイルが通らない、上手く動作しないという状況も発生し、コンパイラや API の動作の確認に結構時間を費やした感じがします。

さて、その Xcode も swift 言語での OS X 用アプリの開発に対応した Xcode6.1 が正式にリリースされました(まだ多少不安定なようですが... )。Xcode6 が正式にリリースされましたので、4ヶ月前に制作を開始していた PDFドキュメントビューアのその後について書きたいと思います。

PDFBookcase

PDFファイルは Apple 純正の「プレビュー」を使って閲覧することができます。しかし、PDFファイルをいちいちオープンするのが面倒なので、Swift 言語とCocoa フレームワークの勉強の題材として、よく閲覧するPDFファイルを登録しておける PDFドキュメントビューアを作ってみようと思いました。アプリの名称は PDFBookcase にしました。

PDFBookcase の技術的な目標は下記の通りです。

  • Swift 言語で制作する。
  • データの保存は CoreData を用いる。
  • PDFの表示にはPDFView, PDFThumbnailView を使用する。
  • PDFファイルはNSOutlineViewで階層的に表示。
  • PDFファイルはドラッグ&ドロップで登録可能。

現在のバージョンは 0.3.0。幾つかの不具合は残っていますが、ほぼ予定していた機能の実装は完了し、使い始められる状態になりました。アプリの見た目はこんな感じです。

Image_141104_1

今回、PDFBookcase のソースコードも公開することにしました。

ダウンロード: PDFBookcase0.3.0.zip

一応、Swift で記述されたアプリケーションのサンプルとなります。ソースコードについて注意ですが、まだ私も Swift 言語や Cocoa フレームワークの勉強中ですので、このソースコードが最適な実装方法であるという保証はありません。もし、もっと良い実装方法があれば、是非教えてください。

« iMac を OS X Yosemite にアップデート (2) | トップページ | Nexus 7 (2013) を買ってみた »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/60594521

この記事へのトラックバック一覧です: Swift でプログラミングを開始(3):

« iMac を OS X Yosemite にアップデート (2) | トップページ | Nexus 7 (2013) を買ってみた »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ