« サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (2) | トップページ | 太陽光発電2014年9月の実績 »

2014年9月28日 (日)

サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (3)

DN2820FYKH 本体のセットアップが終わりました。次は OS のインストールと行きたいところですが、その前に BIOS を最新のものにしておいた方が良いという事ですので、まずは現在の BIOS のバージョンを確認してみます。

Image_140928_1

DN2820FYKH 本体にキーボードやディスプレイモニタなどを接続して本体の電源を入れますと、ほどなく Intel NUC という起動画面が表示されます。ここで F2キーを押下することで BIOS 画面が表示されます。DN2820FYKH の BIOS は Intel Visual BIOS が採用されていて、分かりやすそうな画面となっています。

Image_140928_2

ここで BIOS のバージョンを確認すると、0032 となっていました。インテルのダウンロードセンターで BIOS の最新版を調べたところ、バージョンは 0039 でした。バージョン 0032 は少し古いバージョンのようですので、アップデートが必要です。

 ※情報元:https://downloadcenter.intel.com/SearchResult.aspx?lang=&ProductID=3782&ProdId=3782

そこでインテルのサイトで BIOS のアップデート手順を調べたところ、下記の4つの方法があることが分かりました。

  • Express BIOS
  • F7 BIOS Flash アップデート
  • iFlash BIOS アップデート
  • リカバリーBIOS アップデート

 ※情報元:http://www.intel.com/jp/support/motherboards/desktop/sb/cs-034499.htm

「Express BIOS」は、Windows から BIOS アップデートを行う方法ですので、Windows をインストールしていない現状では使用できません。よって残り3つの方法から選ぶ必要があります。今回は3つの中で一番簡単そうな「F7 BIOS Flash アップデート」でアップデートを行うことにしました。

まず、インテルのダウンロードセンターから最新の BIOS をダウンロードします。ダウンロードページには、4つのアップデート方法向けに4種類のファイルが用意されています。「F7 BIOS Flash アップデート」には、FY0039.BIO というファイルを使用します。

FY0039.BIO ファイルをダウンロードして FAT32 形式でフォーマットした USBメモリにコピーします。そして、この USBメモリを DN2820FYKH 本体に挿します。次に DN2820FYKH の電源を入れ、起動画面で F7キーを押すと BIOS アップデート画面が表示されます。そしてリストの中から FY0039.BIO を選んで Enterキーを押すと、BIOS のアップデートが始まります。(下記の写真は BIOS のアップデート後に撮りました。)

Image_140928_3

デジカメのファームウェアのアップデートと似たような手順ですので、BIOS のアップデートも難しくはないと思います。

« サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (2) | トップページ | 太陽光発電2014年9月の実績 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/60389163

この記事へのトラックバック一覧です: サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (3):

« サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (2) | トップページ | 太陽光発電2014年9月の実績 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ