« サーバの勉強用に NUC DN2820FYKH を購入してみた (1) | トップページ | サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (3) »

2014年9月22日 (月)

サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (2)

DN2820FYKH 本体のセットアップを行います。

DN2820FYK の前面です。前面には USB3.0 のコネクタがひとつ付いています。右側の黒いところには、赤外線リモコン用のセンサが付いているようです。

Image_140922_1

DN2820FYK の背面です。こちらには USB2.0 のポートがふたつと、ギガビットのLAN ポートがひとつ付いています。映像出力は HDMI です。上方のふたつの穴は冷却ファンのための穴です。

Image_140922_2

DN2820FYK の裏面です。ラベルは横向きに貼ってあります。底面から見たボディの形は正方形ではなく、116.6mm x 112mm と縦横で少し大きさが異なっています。4つのゴム足にあるネジを緩めることで背面パネルが取り外せ、中にアクセスできます。

Image_140922_3

背面のパネルを取り外したところです。ここに 2.5インチの HDD か SSD が装着できます。インターフェースは SATA2 (3Gbps) で、1世代前のものとなります。今回は、ここに余っていた 128GB の SSD を取り付けました(これも Intel 製ですね)。

Image_140922_4

このストレージマウント部を抜くと、マザーボードにアクセスできます。

Image_140922_5

マザーボード右側には、無線LANカード Intel Wireless-N 7260BN (IEEE 802.11bgn / Bluetooth4.0対応)が取り付けられています。左側にメモリスロットがひとつあり、ここに 8GB までの DDR3L のメモリモジュールが取り付け可能です。メモリモジュールは 1.35V の低電圧なものでなければダメだそうです。今回は CFD の 4GB のメモリをメモリを取り付けました。

Image_140922_6

DN2820FYK のセットアップは、PC のカスタマイズ程度の手間しかかかりませんので、難しいことはないと思います。

« サーバの勉強用に NUC DN2820FYKH を購入してみた (1) | トップページ | サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (3) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/60350745

この記事へのトラックバック一覧です: サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (2):

« サーバの勉強用に NUC DN2820FYKH を購入してみた (1) | トップページ | サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (3) »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ