« 太陽光発電2014年9月中間発表 | トップページ | サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (2) »

2014年9月21日 (日)

サーバの勉強用に NUC DN2820FYKH を購入してみた (1)

今まで Linux のサーバ構築の勉強にと、何度か Mac OS X の Parallels Desktop の仮想環境上で CentOS をインストールして触っていました。しかし、仮想環境上で勉強のためだけにサーバを構築するというやり方はすぐに飽きてしまい、途中で止めてしまってばかりでした。

やはりサーバを構築するなら、家庭内LANで使うことを目標にしないと、モチベーションが続かないですね。そこで、低スペックで良いので価格が安い、小さくて邪魔にならないPCはないかと探していたのですが、NUC がなかなか良さそうだと思った次第です。

NUC は Next Unit of Computing の略だそうで、インテル社が提唱する約10cm四方のマザーボードを使用したベアボーンだそうです。今回は、その中でも低スペックだけど価格が安い DN2820FYKH を購入してみました。スペックは低いですが GUI で使う訳ではないですし、消費電力が低いため、サーバ入門用には合っているのではないかと思っています。

Image_140921_1_2

ボディの側面はアルミニウム製で良い感じです。Apple のアルミ製品よりはザラザラとした加工になっています。上面は上面は鏡面仕上げの樹脂製、底面はシボが入った樹脂製です。

大きさは 116.6mm x 112mm x 51.5mm で、設置面積は Mac mini より小さくなります。実際に iMac 27inch の下に置いてみると、こんな感じです。

Image_140921_3

DN2820FYKH には CPU が直付けされていますが、メモリとストレージは内蔵されていませんので、購入しなければなりません。今回、ストレージには家で余っている 128GB の  SSD を使用することにしましたので、メモリだけを一緒に購入しました。あと Windows 用の小さなキーボードと、HDMI - DVI 変換ケーブルも合わせて購入しました。全部で 26,210円でした。

Image_140921_2

次は DN2820FYKH のセットアップです。

« 太陽光発電2014年9月中間発表 | トップページ | サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/60350622

この記事へのトラックバック一覧です: サーバの勉強用に NUC DN2820FYKH を購入してみた (1):

« 太陽光発電2014年9月中間発表 | トップページ | サーバの勉強用に NUC DN2820FYK を購入してみた (2) »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ