« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の記事

2014年2月17日 (月)

インクジェットカラープリンタのインクの話

現在プリンタは、CANON の Pixus MP980 を使っています。2008年の冬に購入したものですので、使い始めて5年が経ちました。ひとつ前に使っていた CANON の Pixus 950i が5年半くらいで壊れたので、そろそろ壊れるのではないかと心配しています。現行機種はまたインクが異なるようですので、今はなるべくインクを買いだめしないように気を付けています。

Image_140217_1

今までに購入したA4インクジェットカラープリンタの使用期間を振り返ってグラフにすると、下記のようになります。

Image_140217_2

昔はEPSONのプリンタを使っていました。PM-770C と PM-890C の使用期間が短いのはトラブルによるものです。ただし、Pixus 950i も一度プリントヘッドの交換をしていますので、特に EPSON 製プリンタの寿命が短いという訳ではないと思います。

Pixus MP980 は優秀で、一度も故障すること無く5年間使い続けることができています。ただ、MP980 は目詰まり防止のためか、頻繁に自動ヘッドクリーニングが行われるようで、インクの減りが速いように感じています。しかし、そのおかげかヘッドの目詰まりを感じたことは一度も無く、自分でヘッドクリーニングをしたことがありません。コピー機能も思った以上に活用しましたし、今までで一番満足度の高いプリンタです。

ところで、インクジェットカラープリンタのインクは、どの色の消費量が多いのか気になりませんか。そこで、数年前からMP980の使用済みインクをリサイクル回収に出さずに溜め込んでいますので、並べてみました(すべて純正インクです)。

Image_140217_3

たしか一度だけ使用済みインクをリサイクル回収に出していたと思いますので、残念ながらプリンタ購入時からの使用量ではありませんが、恐らく4年くらいで使用したインクとなります。

こうして並べてみると、ブラック以外はほぼ同じ個数だということが分かります。今プリンタにセットされているグレイインクが交換寸前という状態ですので、グレイは他の色より少しだけ使用量が多い傾向にあるのかもしれません。ただ、グレイとブラックを平均すると、他の色とほぼ同じ個数になるようです。写真の印刷が多いという私の使い方では、色による偏りはあまり無いようです。

さて、巷ではプリンタは本体ではなく、インクで儲けを出していると言われています。そこで家電量販店でのインクの価格を元に、インク購入に使った金額を計算してみました。個数は上の写真に移っている数に、プリンタのヘッドに装着されている各1個を加算した値としています。

個数 単価 小計
マジェンタ 12 ¥890 ¥10,680
シアン 12 ¥890 ¥10,680
イエロー 12 ¥890 ¥10,680
グレイ 13 ¥890 ¥11,570
ブラック 9 ¥890 ¥8,010
顔料ブラック 6 ¥980 ¥5,880
合計 ¥57,500

実際には5色マルチパックを購入したりしていますので、もう少し安く買っているとは思いますが、リサイクル回収に出した分も加算するとなると、全体としてはもう少し高くなると思われます。プリンタの購入価格は約 ¥27,000 でしたので、本体価格の2倍強のお金をインク代として払っていることになります。もう少しインク代が安ければ嬉しいのですけどね。

2014年2月16日 (日)

太陽光発電2014年2月中間発表

2014年2月の中間発表です。2月の半月分の発電データをWEB版コーギーが住む発電所ページに掲載しました。

2月前半は天気が悪い日が多く、また2週連続で週末に積雪があったこともあり、2月前半の発電量は低くなり、97kwh となりました。この値は、同じように2回の積雪があった2008年の 95kwh に次いで、過去7年間で2番目に低い値となります。なお、過去7年間の2月前半の平均発電量は105kwh となりました。

Image_140216_1

2014年2月11日 (火)

Mac 30周年を記念して過去を振り返ってみた

1984年1月24日に初代 Macintosh が誕生して、今年2014年で30周年だそうです。30周年を記念して、過去を振り返ってみました。

Macintosh が誕生した1984年と言えば、私はまだNEC製8ビットパソコンの初代PC-8801 を使用していたころとなります。日本では1982年10月に16ビットパソコンの初代PC-9801 が発売され、徐々に16ビットの時代になろうとしていたころですね。Macintosh の存在は雑誌等で知ってはいたのですが、日本では情報も少なく実物を見たこともありませんでした。自分には関係がない海外製のパソコンというイメージでした。

私が始めて Macintosh を買ったのは、Macintosh 誕生の8年後にあたる1992年で、機種は Macintosh IIci です。もう動かないのですが、今でも記念に持っています。

Image_140211_1

当時は日本でも Mac 系の雑誌が創刊されたり、Macintosh を扱う店が増えてきたりと、最初の Macintosh ブームになっていたように思います。私の周りでも、この時期に Macintosh を購入した人が結構いますし、この時期に Mac ユーザになられた方も多いのではないでしょうか。この頃に貰った Macintosh のカタログは、オシャレだったので今でも残してあります。

Image_140211_2

Macintosh IIci から昨年購入した iMac 27inch (Late2013) まで、約22年間で6台のデスクトップ型の Mac をメインマシンとして使ってきました。

  • Macintosh IIci
  • Power Macintosh 7600/132MHz
  • Power Mac G4 (AGP Graphics/400MHz)
  • Power Mac G5 (June 2004/1.8GHz)
  • Mac Pro (Early 2008/2.8GHz)
  • iMac 27inch (Late 2013/3.2GHz)

こうして振り返ってみると Mac の購入時期は、フルモデルチェンジ後に1度マイナーチェンジをしたときが多いように思います。

各 Mac の使用年数をグラフにすると下記のようになります。

Image_140211_3

購入したばかりの iMac を除いて使用年数の平均を取ると、約4.2年となります。

この6機種の中で Macintosh IIci、 Power Macintosh 7600、Power Mac G4 の3機種は、途中で CPUアクセラレータを購入してパワーアップしています。

機種 オリジナルCPU CPUアクセラレータ
Macintosh IIci MC68030 25MHz MC68040 40MHz
Power Macintosh 7600 PowerPC 604 132MHz PowerPC 604e 200MHz
Power Mac G4 PowerPC 7400 400MHz PowerPC 7455 800MHz

Image_140211_4左の写真は Macintosh IIci 用のCPUアクセラレータです。CPUアクセラレータの導入には、本体価格の1/2くらいの出費が必要となりましたが、これにより処理速度は大きく改善しました。これら3機種は結構コストをかけて延命している事になります。もし、この延命措置がなければ、もう少し使用年数は短かくなったものと思います。特に Power Macintosh 7600 は、延命した割りに 3.2年しか使えなかったという事になります。この時期は CPU の性能向上が激しかった印象があります。

Power Mac G5 も 3.7年と少し短めですが、これは Apple が Mac の CPU を PowerPC から Intel に変えた事が大きいと思います。Mac Pro は5.5年も使用し続けました。これは Mac 以外も含めて、自分が買ったパソコンの最長記録となっています。Mac Pro の使用年数が長くなった理由は、後継機種がなかなか出なかったという事もありますが、最近では CPU の性能も向上し、普通に使う分には CPU の性能差が気にならなくなってきているという事が大きいように思います。

さて、昨年購入した iMac は、この先何年くらい使い続けられるでしょうかねぇ。

2014年2月 2日 (日)

ヤマト工芸のA4 FILE CASE-5段-

以前より、このブログの他の記事の写真に映り込んでいましたが、昨年の秋にヤマト工芸のA4 FILE CASE -5段- のホワイトを購入しました。価格は 9,975円で、ちょっと高めです。

Image_140127_1

MacPro から iMac に変えた事で机の上に余裕ができたことから、A4サイズの書類が収納できる書類ケースを机の上に置くことにしました。書類ケースはホームセンターなどでもプラスチック製やスチール製のものが安く買えるのですが、机の上に置くのであればオシャレなものが良いだろうということで、ネットで探して購入しました。

Image_140127_2

この A4 FILE CASE は、シナ合板とMDF(中密度繊維板)で作られています。書類は横向きに収納するタイプで、横幅が広く、奥行きが浅くなっています。この方が机の前に空間できるので、机の上には置きやすい印象です。

この商品には引き出しが4段のものと5段のものがありますが、書類しか収納する予定が無いので5段のものにしました。4段のものは、5段のものと全体の大きさは同じですが、小物が入れられるように一番下の引き出しの底が深く(2段分の大きさに)なっています。前面から見ると、引き出しの高さは全ての段で同じですが、本体の上面の角が丸くなっているため、一番上の引き出しだけは引き出しの枠の高さが低くなっています。

Image_140127_3

ヤマト工芸の商品を買うのは、ゴミ箱、ティッシュケースに次いで三つ目となります。特にヤマト工芸の商品を指名買いしているという訳ではなく、今回も幾つか候補が上がったのですが、最終的にヤマト工芸のモノを選んでいますね。

2014年2月 1日 (土)

太陽光発電2014年1月の実績

2014年1月の発電データをWEB版コーギーが住む発電所ページに掲載しました。

1月後半も、そこそこ発電しているようで、1月全体の発電量は 216kwh となりました。この値は、過去7年間の1月の発電量としては3番目に多い値となります。なお、1月の発電量の平均は207kwh となりました。

Image_140201_1

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ