« 太陽光発電2013年11月中間発表 | トップページ | 太陽光発電2013年11月の実績 »

2013年11月17日 (日)

無線ルータを買い替え

今年購入した MacBook Air (Mid 2013) と iMac (Late 2013) は、IEEE802.11ac Wi-Fiワイヤレスネットワーク接続に対応しています。802.11ac はかなり速いという話を聞きます。最近、iMac から MacBook Air に LAN 経由でデータをコピーするのにかかる時間が気になり出しているので、IEEE802.11ac(ドラフト)対応の無線ルータを買ってみる事にしました。

Image_131117_1 これまでメインマシンは有線LAN を使用する事にしていた事から、無線LAN をあまり重要視していませんでしたので、上位機種を買わずにコストパフォマンスが良いエントリーモデルを購入してきました。しかし最近では無線LAN で接続している機器も増えてきていますし、今回は通信速度を重視するという事で、最上位機種を買う事にしました。NEC Aterm WG1800HP と Buffalo WZR-1750DHP のどちらにするか迷ったのですが、結局、NEC Aterm WG1800HP に決めました。WZR-1750DHP も良さそうだったのですが、サイズとデザイン、および価格から WG1800HP に決めました。

Image_131117_2 無線ルータは WG1800HP で5台目となります。今まで買ってきた無線ルータの中では一番デザインが良いと思いました。そこで今までルータは机の下に置いていましたが、今回は机の上に置く事にしました。そうするとルータにLANケーブルがたくさん繋がっていると見苦しいので、iMac とプリンタも無線LAN で接続するように変更しました。LANケーブルはWAN側の一本だけです。

Image_131117_3

Aterm WG1800HP ですが、今のところ通信に関しては安定して動作していて問題はありません。通信速度ですが、システム情報で転送レートを確認してみますと、 iMac、MacBook Air の両方とも 867Mbps となっています。Aterm WR8370N (IEEE802.11n, 2.4GHz)  使用時は 130Mbps でしたので、約6.7倍です。これなら有線LAN でなくても大丈夫そうです。なお、IEEE802.11n の MacBook Pro で価確認したところ、2.4GHz の場合 145Mbps、5GHz の場合 300Mbps となりました。

実際に iMac と MacBook Air を使って、約452Gバイトのファイルを転送するのにかかる時間を計測してみたところ、WR8370N(802.11n 2.4GHz)では約54秒(9.09MB/sec)、WG1800HP(802.11ac 5GHz)では約14秒(34.09MB/sec)となりました。3.75倍の差ということになります。無線LAN も随分と速くなりましたね。

« 太陽光発電2013年11月中間発表 | トップページ | 太陽光発電2013年11月の実績 »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/58588482

この記事へのトラックバック一覧です: 無線ルータを買い替え:

« 太陽光発電2013年11月中間発表 | トップページ | 太陽光発電2013年11月の実績 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ