« 太陽光発電2013年10月の実績 | トップページ | 太陽光発電2013年11月中間発表 »

2013年11月 2日 (土)

iMac と同時に購入した外付けHDDケース

今回、iMac 27inch Late 2013 の購入と合わせて、周辺機器などを色々と買いました。買ったのは下記の5点です。

  1. 3.5inch ハードディスクケース(RATOC RS-EC32-U3R)
  2. 2.5inch ハードディスクケース(RATOC RS-EC22-U3R)
  3. 2.5inch ポータブルハードディスク(東芝 CANVIO HD-PB15TW)
  4. iMac 用増設メモリ(CFD W3N1600Q-8G)
  5. Thunderbolt - FireWire アダプタ(APPLE MD464ZM/A)

Image_131102_1

2台のハードディスクケースは Mac Pro に内蔵していたストレージを iMac に接続して使用するために、また Thunderbolt - FireWire アダプタはバックアップ用に MacPro に接続していた FireWire800 のハードディスクケースを iMac に接続するために購入しました。1.5TB のポータルハードディスクですが、特価で安かったので、iMac で使えなくなったバックアップ用途の eSATA の外付けハードディスクケースの代わりに購入しました。

今回、ネットで 2.5inch と 3.5inch の ドライブを 2台内蔵できるハードディスクケースを色々と調べた結果、このRatoc製の2つのケースにたどり着きました。実物を使ってみて割と気に入ったので紹介したいと思います。

RATOC RS-EC22-U3R

RS-EC22-U3R は、2.5inch のドライブを2台格納できる RAID 対応のケースです。2.5inch のドライブを2台格納できるハードディスクケースは少ない印象です。

Image_131102_2

Image_131102_3 インターフェースは USB3.0 となっています。前面と背面は樹脂製ですが、ボディはアルミ製となっており、思っていたよりシッカリとした作りだと思いました。冷却ファンは付いておらず、アルミ製のボディで冷却する仕組みのようです。動作モードは RAID0、RAID1、JBOD、SINGLE の4種類が選択可能となっています。今回は、このケースに 240GB と 120GB の2台の SSD を搭載しました。

ドライブをケースに内蔵するためには、2つのネジで止めてある前面のパネルを外し、ドライブに専用のU字型のマウンターをネジで取り付けて、前面からケースに差し込みます。

Image_131102_4 Image_131102_5

動作モードは JBOD モードで使用する事にしました。JBOD モードにすると、2台のドライブをまとめて1台のドライブとして使用する事ができます。今回の場合、2つの SSD を合わせて 360GB の SSD として使用できます。ケースに内蔵するドライブが SSD である事と、ケースがファンレスである事から、全く音がしません。

RATOC RS-EC32-U3R

RS-EC32-U3R は、3.5inch のハードディスクが2台格納できる RAID 対応のケースです。先ほどの RS-EC22-U3R と型番が似ていますが、姉妹品という位置づけなのかもしれませんね。

Image_131102_6

購入する前は、RS-EC32-U3R のデザインが気に入らなかったので購入を迷っていたのですが、ネットでの評判が良かったのと、他にデザインの良いものが見つからなかったので購入しました。購入後に実物を手にしたところ、シッカリとした作りで、安っぽく感じなかったので気に入りました。

インターフェースは USB3.0 となっています。前面は樹脂製ですが、ボディはアルミ製となっています。背面に冷却ファンが1つ付いており、温度が上昇した場合に回転するようです。こちらのケースも動作モードは RAID0、RAID1、JBOD、SINGLE の4種類が選択可能となっています。

今回は、このケースに 2GB と 1GB の2台の HDD を搭載し、SINGLE モードで使用します。SINGLE モードでは、2台の HDD を独立して使用できます。ケース底面のロックを外すと前面のパネルを外す事ができ、HDD はマウンター無しにそのままケース前面から差し込む形となっています。

Image_131102_7 Image_131102_8

このケース自体の不満ではないのですが、3.5inch のハードディスクは動作音が大きいですね。Mac Pro に内蔵していたときには、ハードディスクの動作音は気にならなかったのですが、外付けにすると非常に気になるようになりました。ケースが小さいので音や振動が外に漏れやすい事と、iMac が非常に静かな事が原因なように思います。

今後、この2つのケースを常時接続しておくドライブとして使用していく予定です。ただ、3.5inch の HDD の動作音が思いのほか気になりましたので、普段は iMac 内蔵の 256GB フラッシュストレージと、外付けの SSD だけで作業ができるようにしていくつもりです。フラッシュストレージの容量は、iMac 内蔵と外付け SSD とを合わせると 616GB となりますので、普段使用するデータ類を格納するには十分かと思っています。

« 太陽光発電2013年10月の実績 | トップページ | 太陽光発電2013年11月中間発表 »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/58429993

この記事へのトラックバック一覧です: iMac と同時に購入した外付けHDDケース:

« 太陽光発電2013年10月の実績 | トップページ | 太陽光発電2013年11月中間発表 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ