« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の記事

2013年10月31日 (木)

iMac を OS X Mavericks にアップデート

先週、OS X Mavericks がリリースされました。今回も 2、3千円くらいかかるのではないかと思い、iTunes カードのキャッシュバックキャンペーン中に  iTunes カードを購入して待ち構えていたのですが、想定外の無料でした。OS のアップデートが無料なのは Mac OS 10.1 以来ですね。

今回は、OS X Moutain Lion で 環境を整えたばかりですので、クリーンインストールではなく、上書きインストールです。iMac で OS X Mavericks のインストールを開始したところ、インストール時間は35分と表示されました。実際には約16分後に「1分未満」という表示になり、その後、約6分後に再起動となりました。そして再起動後、約7分でログイン可能な状態になりました。

OS X Mavericks にアップデート後は、メールアプリでメールのアップグレードに失敗した以外は、大きな問題はなく、動いているようです。だた、すべてのアプリですべての機能について調べた訳ではありませんので、何か不具合が発生する可能性はありますが。

大きな問題は発生していませんが、幾つか小さな問題点らしきものは発生していまして、気になっています。

1. 起動に失敗する

OS X Mavericks にアップデートしてから、2回ほど iMac の起動に失敗しています。起動音がなった後、リンゴマークが表示されない状態となります。強制終了後に再度電源オンで正常に起動します。

2. Finder の不具合

起動直後に起動ディスク直下(ルートディレクトリ)をFinder で表示すると、内容が表示されるまでに、かなりの時間がかかります。

3. iTunes で iPhone の同期が終了しない

iTunes で iPhone を同期させると、「同期がまもなく完了します」の表示のまま終わりません。実際には同期は完了しているようです。

4. アクティビティモニタの機能削減

これは不具合ではないのですが、アクティビティモニタの機能が削減されてしまいました。今までアクティビティモニタを常時起動させておき、デスクトップにはフローティングCPUウィンドウを表示していたのですが、これが無くなってしまいました。また、アクティビティモニタの Doc アイコンにはメモリ使用状況を表示していたのですが、これも無くなってしまいました。そのため、似たような機能を持ったアプリとして、MenuMeters を使用する事にしました。これはメニューバーにCPUやメモリの状況などを表示できるソフトです。

しばらくは様子見というところでしょうか。

2013年10月26日 (土)

iMac 27inch Late 2013 のベンチマーク

今回購入した iMac 27inch Late 2013 のベンチマークテストを行いました。比較した機種は下記の5機種です。すべての機種で OS X Mountain Lion が動作しています。

  • iMac 27inch (Late 2013)  Core  i5-4570 @ 3.2GHz (Turboboost 3.6GHz, 4 cores, 4threads)
  • Mac Pro (Early 2008)  Xeon E5462 @ 2.8GHz (4cores, 4threads)
  • MacBook Air 13inch (Mid 2013)  Core i5-4250U @ 1.3GHz (Turboboost 2.6GHz, 2cores, 4threads)
  • MacBook Pro 13inch (Mid 2012)  Core i5-3210M @ 2.5GHz (Turboboost 3.1GHz, 2cores, 4threads)
  • MacBook 13inch (Late 2008)  Core 2 Duo P7350 @ 2.0 GHz (2cores, 2threads)

まずは最近アップデートされた Geekbench 3.1.0 (64bit) での比較です。Geekbench 3 から、Single-Core と Multi-Core を分けて計測できるようになりました。まずは Single-Core での比較です。

Image_131026_1

iMac は Mac Pro のほぼ2倍のスコアとなりました。MacBook Air が結構健闘しています。CPU が同じ Haswell 世代である iMac と MacBook Air とのスコア差は 1.387 倍ですが、これはちょうど両者の Turboboost 時の最高クロックの差 1.385 倍とほぼ一致します。

次に Geekbench 3 の Multi-Core での比較です。

Image_131026_2

こちらでも iMac は Mac Pro のほぼ2倍のスコアとなっていますが、Single-Core よりは若干差が縮まっている感じです。全体的に iMac だけが突出している感じです。Multi-Core のテストですから、やはり実コア数が多い方がスコアが高くなりますね。

次に Xbench1.3 で比較してみました。Xbench1.3 は Mac OS X Lion から Thread Test が動作しなくなっていますので、Thread Testの実行をスキップしています。また、SSD と HDD との差が総合スコアに影響しないようにするため、今回も Disk Test も省きました。なお、iMac と MacBook 以外の機種は MacBook Air 13inch (Mid 2013) のベンチマークの時に計測した結果を用いています。そのため、OS のバージョンが若干(0.0.1だけ)異なっています。

Image_131026_3

総合スコア(Results) で iMac は Mac Pro の約1.87倍というスコアになりました。CPU Test と OpenGL Graphics Test で差が縮まっていることが総合スコアに影響しているようです。OpenGL Graphics Test では、CPU が Core i 世代の機種で差が小さいですね。

最後に Cinebench11.5 での比較です。

Image_131026_4

Cinebench でも iMac と MacBook 以外の機種は MacBook Air 13inch (Mid 2013) のベンチマークの時に計測した結果を用いています。こちらのテストでは、iMac が他の機種を大きく引き離しています。

このようにベンチマークの結果を見てみますと、改めて Core 2 Duo 世代に比べて Core i 世代の性能の高さを感じますね。

2013年10月24日 (木)

iMac 27inch Late 2013 を購入

先月末に iMac Late 2013 が発表され、即日発売となりました。昨年末から Mac Pro Early 2008 からの買い替えを検討してきましたが、ついに iMac Late 2013 を購入しました。

箱から出して、机の上にセットアップした写真がこれです。

Image_131024_1

iMac 27inch は、思ったほど圧迫感を感じませんでした。大柄な MacPro が机の上から消えた分、すっきりした感じです。今まで使用していた24inch液晶モニタは、サブモニターとして使用しても良いのですが、取り敢えず撤去しました。

今回の iMac は、Apple Store で下記の構成にカスタマイズして購入しました。

Image_131024_2

iMac 27inch のエントリーモデルを元に、下記の2点のみ変更しています。

  1. 1TB ハードディスクドライブ → 256GB フラッシュストレージ
  2. Magic Mouse → Magic Trackpad

Mac Pro で SSD を使っていてメリットを感じていたため、やはり次もフラッシュストレージは搭載したい。Fusion Drive か、フラッシュストレージのみかの、どちらかを選択することになりますが、単純な構成となるフラッシュストレージのみに決めました。iMac 本体に内蔵された HDD は自分で交換できませんので、HDD の本体内蔵はやめて、外付けのみにするという方針です。また Magic Mouse は既に持っていますので、ちょっと興味があった Magic Trackpad に変更しました。

この構成で、価格は ¥211,800 となります。

メモリは Apple 純正で増設すると価格が高いので、自分で買って増設することにしました。買ったのは CFD のメモリです。パッケージにはノートPC 用と書かれていますが、特に問題なく動作しています。ちょっと奮発して、8GB × 2 で 16GB を増設しました。これで Mac Pro Early 2008 用メモリ 4GB とほぼ同じ価格ですからねぇ。これで合計 24GB となり、Mac Pro Early 2008 の時と比べて 2.4倍のメモリとなります。

Image_131024_3

さて、iMac 27inch を少し使ってみての印象ですが、まず静かなところが気に入りました。起動時にはかすかにファンの音が聞こえますが、しばらくすると無音と言っても良いくらい静かになります。ファンは 1200rpm くらいで回っていて、耳を近づけると音は聞こえますが、普通に座っていると全く気になりません。

2560 × 1440 ドットの 27inch の液晶モニタは広くて良いですね。以前使っていた 1920 × 1200 ドットの 24inch の液晶モニタと比べると、結構広く感じます。しかし文字サイズが少し小さくなったので、老眼の目にはきついかもしれません(ちょっと気になっていたんですよね)。あと画面の反射ですが、反射が75パーセント削減されたとはいえ、反射が無くなる訳ではありません。明るいものや白いものが映り込んだ場合は気になります。

今回、昨日の Apple Special Event October 2013 を待たずして iMac の購入に踏み切ったのですが、予想通り Mac Pro は高かったですし、Mac mini の発表もありませんでした。結果的にはこれで良かったのかなと思います。

次は恒例のベンチマークテストですね。

2013年10月16日 (水)

太陽光発電2013年10月中間発表

2013年10月の中間発表です。10月の半月分の発電データをWEB版コーギーが住む発電所ページに掲載しました。

10月前半には台風が接近していたのですが、発電量はほぼ平年並の 144kwh となりました。この値は過去7ヶ月の10月の発電量としては、2010年と並んで2番目に高い値となります。なお、10月前半の発電量の平均値は 141kwh です。

Image_131016_1

2013年10月 1日 (火)

太陽光発電2013年9月の実績

2013年9月の発電データーをWEB版コーギーが住む発電所ページに掲載しました。

9月上旬は天気が悪く、9月前半の発電量は過去最低となったのですが、9月後半は台風18号の通過後から良い天気が続いたことから発電量が大きく伸びました。最終的に9月の発電量は345kwh となりました。この値は9月の発電量としては過去最高となります。前半と後半でこれほど差が出るのは珍しいです。なお、7年間の9月の発電量の平均値は 324kwh です。

Image_131001_1

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ