« 太陽光発電2011年10月の実績 | トップページ | ポータブルHDDが安かったので購入 »

2011年11月 5日 (土)

エコウィル導入(W発電)の効果

エコウィルを導入して、太陽光発電とガスエンジンコージェネレーションシステムとのW発電を始めてから1年が過ぎました。この1年間で、エコウィルを導入した効果がどれほどであったのかを調べてみる事にしました。

昨年(2009年11月〜2010年10月)と、今年(2010年11月〜2011年10月)のガスと電気の購入量をグラフにしてみました。電気購入量は、買電量から売電量を引いた値となっています。また、ガスと電気とでは締日が異なっていますので、各月の期間は、ガスと電気とで10日程度のズレがあります。

Image_111105_1

Image_111105_2

ガスの使用量は、冬に大きな山があります。これは、冬にお湯の使用量が増えるためですが、我家の場合は、エコウィルの効果(冬編) でも書きましたとおり、リビングとダイニングの暖房にガス温水床暖房(ヌック)を使っていることから、特に大きな山となります。電気の使用量の方は、冬と夏に2つの山があります。これはエアコンの使用頻度が増えるためだと思います。

11月〜4月の6ヶ月(冬期)では、ガスの購入量は前年の128.5%に増えましたが、電気はエコウィルの発電で賄えている分があるために、電気の購入量は前年の25.9%に減りました。5月〜10月の6ヶ月(夏期)では、ガスの購入量は前年の150.8%に増え、電気の購入量は44.3%減に留まりました。やはり冬の方がエコウィルの効果が大きいようです。

通年では、ガスの購入量は前年の134.2%、電気の購入量は前年の31.8%です。ガスの購入量は前年に比べて134.2%に増えていますが、ガス料金はエコウィル導入による割引があるため、117.0%にしか増えていません。

こうして見るとエコウィルは、そこそこ光熱費を下げる効果がありそうです。後、停電時にも発電できれば、さらに有用なんですけどね。

« 太陽光発電2011年10月の実績 | トップページ | ポータブルHDDが安かったので購入 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

太陽光発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/53167739

この記事へのトラックバック一覧です: エコウィル導入(W発電)の効果:

« 太陽光発電2011年10月の実績 | トップページ | ポータブルHDDが安かったので購入 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ