« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の記事

2011年10月31日 (月)

太陽光発電2011年10月の実績

今日で10月も終わりですので、10月の発電量を発表します。

10月の前半は平年並みという感じでしたが、後半は少し発電量が伸びたようで、286kwhとなりました。これは10月の発電量としては2007年と同じで過去最高の値となります。後半も天気の悪い日が多かった印象でしたが、10月の天気というのは、こんなものなのでしょう。

Image_111031_1

2011年10月30日 (日)

iCloud の ブックマークの同期でトラブル発生

10月からスタートした iCloud を使ってみる事にしました。しかし、MacPro と MacBook Air で、Safari のブックマークを同期させようとしましたが、いつまでたっても同期が完了せず、上手くいきません。ブックマークを見てみますと、2つの項目が増殖して1000個くらいに増えています。慌てて iCloud のブックマークの同期を停止しました。

タイムマシンで過去のブックマークに戻して、何度も同期をやり直してみましたが、既にサーバに増殖した項目が登録されているらしく、また一瞬で1000個くらいに増えて、同期も完了しません。ハマってしまった?

何かエラーが発生しているのではないかと思い、コンソールでログを確認してみたところ、SafariDAVClient という、 システムの LaunchAgents が数秒ごとにクラッシュして再起動していることが分かりました。どうやら、ブックマークの同期処理が途中でクラッシュして、繰り返しているようです。ブックマークのデータが壊れていたのでしょうか。

対処方法は無いかとネットで調べてみたところ、ようやくひとつの対処方法が分かりました。

  1. まず、システム環境設定で iCloud のブックマーク同期をオフにします。
  2. 次に Safari のブックマークを全て削除します。
  3. システム環境設定で iCloud のブックマーク同期をオンにします。
  4. 同期が始まり、サーバに保存されているブックマークがコピーされます。
  5. 増殖した項目を削除します。

まず MacPro で、このとおりに作業を行ったところ、エラーが発生せずに同期処理が完了しました。しかし、前回の同期処理が中断されていることから、一部のブックマークがサーバにアップロードされていず、ブックマークの一部が消えてしまいました。仕方が無いので、MacBook Air の Safari に、タイムマシンから取り出した MacPro の古いブックマークファイルをコピーして中身を表示し、消えたブックマークを MacPro 側の Safari にコピーしていきました。(ブックマークは、ドラッグするとファイルとして取り出せます。)これで MacPro の safari のブックマークは正常に戻りました。

次に、MacBook Air の Safari のブックマークを全て削除し、 iCloud のブックマークの同期をオンにすると、MacPro の Safari のブックマークがコピーされて完了、と思いきや、増殖した項目も含めて MacBook Air 側にしか無かったブックマークも復活しました。ただし、ログを確認すると同期処理はクラッシュせずに正常に行われているようです。

MacBook Air の Safari で不要な項目を削除していると、MacPro 側の Safari にも同期されてポコポコと MacBook Air 側にしか無かった項目が現れ始めます。そこで、MacPro の方でも不要な項目を削除したところ、ようやく同期が納まり、MacPro と MacBook Air のブックマークが一致しました。

ブックマークの同期を開始するのに手間取りましたが、正常に同期が行われるようになると、この機能は結構便利そうです。これで、MacPro か MacBook Air のどちらかでブックマークを編集すると、もう片方にも反映されることになります。

2011年10月26日 (水)

iPhone 4 Bumper (ブルー)を着けてみた

当初、iPhone 4S にケースを装着して、そのデザインを隠してしまうのはもったいないということで、裸で持つつもりでいました。また、本体の表面と裏面もガラスですし、簡単に傷が付きそうにないので、保護フィルムも必要無いと考えていました。

しかし、実際に iPhone 4S を持ってみると、ガラスとステンレスがスベスベしているため、手が滑って落としてしまいそうに感じました。そこで、本体の周囲だけを隠すAPPLE純正の iPhone 4 Bumper と、保護フィルムを購入する事にしました。この組み合わせが、いちばん良さそうです。

Image_111025_1

ネットで調べてみると、iPhone 4 Bumper は iPhone 4S に対応するためにモデルチェンジをしていることが分かりました。商品の型番の最後が「/A」となっているものはモデルチェンジ前のもので、「/B」となっ ているものが iPhone 4S に対応した新しいもののようです。どうもお店に置いてあるものは iPhone 4S に対応していない古いもののようでしたので、iPhone 4 Bumper は Apple Online Store で購入しました。

今日、届いたので、 早速 Bumper を iPhone 4S に装着してみました。なかなか良い感じです。保護フィルムは、やっぱり上手く張れませんでした(不器用です)。

Image_111025_2

2011年10月23日 (日)

iPhone 4S 購入までの道のり

昨日、au の iPhone 4S 32GB(白) に機種変更しました。待ちに待った au からの iPhone の発売でしたが、本当にスマートフォンを使いこなすのかが心配になり、iPhone の購入を迷ってしまいました(結構、通信費がかかりますからね、慎重に考えました)。それで予約をしてなかったのですが、運良く買うことができました。

Image_111022_1

ようやく iPhone を買う決心がつき、昨日の昼に近くの auショップに電話したところ、64GB(白) のみ在庫があるという回答でした。欲しかったのは 32GB(白) ですので他を当たる事にしました。量販店には在庫があるという噂がありましたので、ネットでヨドバシカメラの 「au iPhone 4S 在庫状況のご案内」 を確認したところ、京都店の在庫が 64GB(黒) 以外は全て「当日お渡し」の状態でした!そこで、早速電車に乗って買いに出かけたのですが、ヨドバシ京都店に到着した時には時すでに遅し、32GB(白)も「予約受付中」となっていました。(めちゃくちゃ悔しかったですね。)

白を諦めて 32GB(黒) にするか、16GB(白) で妥協するか、もしくは奮発して 64GB(白) にするかで悩みましたが、ここは初心を貫くことに決め、ビックカメラの在庫を確認すべく歩き始めました。ビックカメラでは、ヨドバシと比べてお客さんも少ないようでした。店員さんに聞くと、予約のみということでした。普通は無いよね。なぜヨドバシには在庫が豊富なんだろうと思いながら、ヨドバシに戻るかを悩みます。

あと、京都駅周りには、もう一軒ソフマップがあります。やはり確認しておこうと思い、ほとんど諦め気分で駅の反対側に向かって歩いていきました。ソフマップを覗くと、なんと 16GBモデル以外は在庫が○と書いてあります!お客さんも少ないようで手続きも早く済み、穴場のような感じです。私が契約した後で見ると、32GB(白) も×になっていましたので、どうも 32GB(白) は最後のひとつだったようです。

先ほど、もう一度ヨドバシの 「au iPhone 4S 在庫状況のご案内」を確認しましたが、京都店は全てのモデルで「予約受付中」となっています。この土日でかなり売れたようですね。

これでようやくスマートフォンユーザとなりました。今まで携帯電話では、ほとんどインターネットを使ってこなかった人間がスマートフォンを持つとどう変わるのか、面白いネタがあれば、またブログに書きたいと思います。

2011年10月17日 (月)

Excel2011がおかしい

Mac OS X Lion 10.7.2 にアップデートした後、Excel2011 の .xlsm ファイルを開けると、下記のようなダイアログが出るようになりました。

Image_111016_1

この .xlsm ファイルでは、他のファイルへのリンクは使用していません。面白い事に、このファイル中のVBAマクロを登録しているボタンを押すと、自分自身を再読み込みして、正常に動作しません。また、このダイアログで「リンクの編集」を選んでリンクを削除すると、ボタンのマクロの登録が削除されます。どうやら、VBAマクロの登録が、他のファイルへのリンクとして処理されているような感じです。

この症状には、さらに不思議なことがあり、ファイル名が「データ.xlsm」の時には発生しますが、ファイル名が「テータ.xlsm」の時には発生しないのです。色々と試してみると、どうやらこの症状は、ファイル名に濁点や半濁点が付いた平仮名や片仮名が含まれていると発生するようです。

さらにもうひとつ、VBAマクロを含んだファイルの保存に10分以上かかるようになりました。以前からVBAマクロを含んだファイルの保存が徐々に遅くなるという現象が発生していたのですが、これが一挙に悪化したという感じです(以前は2、3分くらいでした)。ファイルの保存中は、虹色カーソルがグルグル回っていて、Excel は「応答なし」の状態となっています。

Image_111016_2

さすがにこれでは使い物にならないので半日かけて色々と試してみたところ、参照設定で「Microsoft Forms 2.0 Object Library」のチェックを外すと、この症状が発生せずにファイルの保存が一瞬で終わるようになりました!

Image_111016_3

不思議な事に、この「Microsoft Forms 2.0 Object Library」のチェックを外すと、ダイアログからこの項目が消えてなくなります。また、「Microsoft Forms 2.0 Object Library」と「Visual Basic For applications」の「場所」が、同じフォルダに設定されているのですが、何か関係あるのでしょうかねぇ。

Image_111016_4

なんか、Excel2011 にへんなバグがありそうですが、取りあえず、おかしな現象は解消されたましたので、これでしばらく使ってみます。

2011年10月16日 (日)

太陽光発電2011年10月中間発表

昨日で、10月も半分が過ぎましたので、中間発表です。

10月前半の発電量は135kwhでした。天気が悪い日が多かったような気がしたのですが、発電量はほぼ平年並みのようです。後半はもう少し発電して欲しいですね。

Image_111015_1

2011年10月 1日 (土)

Paralles Desktop 7 にアップグレード

Mac 用の仮想化ソフト、Parallels Desktop for Mac を ver.6 から Ver.7 にアップグレードしました。Parallels Desktop 6 の使用頻度はあまり高くないので、今回アップグレードするか迷いましたが、Parallels Desktop 7 が Mac OS X Lion に完全対応している事や、9/30までであれば会員割引価格4,626円(税込)でアップグレードできる事から、アップグレードすることにしました。

Paralles Desktop 7 から、Mac OS X Lion をゲスト OS として稼働させることも可能になりました。Mac OS X Lion では使用許諾が変わり、Mac OS X Lion 上の仮想マシンを使って Mac OS X Lion を動かして良いことになったそうです。実際に Mac OS X Lion を Parallels Desktop 7 で動作させてみましたが、Mac OS X の中で、異なる Mac OS X が動作しているのは奇妙な感じです。仮想環境では簡単に OS を以前の状態に戻す事が出来ますので、ちょっと Mac OS X でフリーウェア等を試してみたいという場合に、テスト環境として利用価値があるように思います。

実環境と仮想環境とで、Mac OS X Lion の動作速度を xbench を使って比較してみました。なお、xbench の Thread Test は、Mac OS X Lion では動作しないようでしたので省きました。また、Disk Test では、実環境でも Paralles Desktop の仮想ディスクを置いている HDD を使用するようにしました。

仮想環境(Parallels) 実環境(MacPro)
CPU Test 194.43 197.42
Memory Test 209.14 217.71
Quartz Graphics Test 299.48 304.75
OpenGL Graphics Test 102.57 282.53
User Interface Test 329.24 149.39
Disk Test 250.87 66.35

CPU Test、Memory Test、Quartz Graphics Test では、仮想環境の方が実環境より若干遅いですが、ほぼ同じくらいの速度が出ているようです。OpenGL Graphics Test では、仮想環境の方が36%くらいのスピードしか出ていません。逆にUser Interface Test と Disk Test では、仮想環境の方がかなり速くなっています。特に Disk Test では、仮想環境の方が実環境より約3.8倍も速くなっています。Paralelles Desktop では、I/O を高速化するために特殊な処理が行われているように思われます。

仮想環境では、異なる OS を切り替えて使えることが良いですね。Windows をフルスクリーンモードで使用すると、Magic Mouse 上を2本指で左右にスワイプすることで、簡単にMac OS X と Windows を行き来できるので、とても便利です。Paralles Desktop では、Windows やMac OS X Lion 以外にも様々な OS を動作させることができます。今度、Linux でも動かしてみようかと思います。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ