« 庭の芝生の張り替え | トップページ | ScreenTunerを使う事にした »

2011年5月11日 (水)

エコウィルの効果(冬編)

エコウィルを導入してから半年が過ぎました。これまでに、エコウィルを導入した効果がどれほどであったのかを調べてみる事にしました。

我家では、リビングとダイニングの暖房にガス温水床暖房(ヌック)を使っています。エコウィルを導入してからの半年間(11月〜4月)は、ちょうど床暖房を使う時期と重なり、ガスの使用量が大幅に増える時期となります。つまりエコウィルが活躍する時期となりますので、効果が期待できそうです。

昨年(2009年11月〜2010年4月)と、今年(2010年11月〜2011年4月)のガスと電気の購入量をグラフにしてみました。電気購入量は、買電量から売電量を引いた値となっています。また、ガスと電気とでは締日が異なっていますので、各月の期間は、ガスと電気とで10日程度のズレがあります。

Image_110511_1

Image_110511_2

ガスは、この半年間で28.5%購入量が増えています。反面、電気はエコウィルの発電で賄えている分があるために、電気の購入量は大幅に減っており、前年の1/4ほどとなっています。特に太陽光発電量が増える3月と4月では、売電量が買電量を上回り、黒字(グラフではマイナス)となっています。冬では、エコウィルと太陽光発電との組み合わせは、節電という目的には効果が高いようです。

また、この半年間でガスの購入量は28.5%増でしたが、ガス料金は12.7%しか増えていません。これはエコウィルの導入でガス料金が割安になっているからでしょう。

ガス料金と電気料金(電気買取料金を差し引いた金額)との合計金額では、今年は昨年の6割まで減っています。エコウィルはガス給湯器のほぼ倍の価格でしたので、どこまで減価償却できるかが問題ですね。

これからの半年間はガスの使用量が減るため、冬のようにはエコウィルの効果が出ないはずです。また半年後に夏期でのエコウィルの効果も調べたいと思います。

« 庭の芝生の張り替え | トップページ | ScreenTunerを使う事にした »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

太陽光発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/51620550

この記事へのトラックバック一覧です: エコウィルの効果(冬編):

« 庭の芝生の張り替え | トップページ | ScreenTunerを使う事にした »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ