« EIZO EasyPIX Software Ver.2.0 がリリースされていた | トップページ | 太陽光発電2011年3月中間発表 »

2011年3月15日 (火)

EasyPIX での補正結果がおかしい?

この記事で書きましたとおり、EasyPIX でキャリブレーションを行うと画面緑がかってしまうため、目視で白色点を調整していましたが、キャリブレーション結果も若干黄色がかぶっているように思えます。

下の写真は Picture モードに設定した FlexScan SX2461W に sRGB の画像を表示してデジカメで撮ったものです。モニタの輝度は0%にしていますが、他はデフォルトのままです。ディスプレイのカラープロファイルはナナオから配布されている「SX2641W Custom 6500K G2.2」を設定しています。デジカメのホワイトバランスも 6500K に固定して撮影しました。若干、緑色がかぶっているように見えます。

Image_110314_1

次に、センサー EX1 を使用せずに EasyPIX のマッティングモードで白色点だけ目視で修正してみました。今回うまく調整できたようで、グレイの部分はほとんど色かぶりしていません(グレイのRGBの各値がほぼ一致しています)。ということは、ほぼ 6500K に調整できているということでしょうか。

Image_110314_2

次に、センサー EX1 を接続して、上記と同じ白色点を設定してキャリブレーションしてみました。結果、少し黄色がかぶった感じになっていると思います。特に左下の黄色や、犬の毛の色が全然違っています。調整後は 7191K と表示されました。数字だけ見ると、少し青みがかかっても良さそうです。

Image_110314_3

センサー EX1を使ってキャリブレーションする前と後とで、どちらの方が正確かという事にになりますが、キャリブレーション前の方が自然に感じています。また、大きく異なってしまった黄色のRGBの値を見てみますと、キャリブレーション後では、B の値がかなり小さく(半分くらいの値に)なっています。センサーが青を強めに感知してしまっているのでしょうか。本当にセンサーの故障かもしれませんね。

« EIZO EasyPIX Software Ver.2.0 がリリースされていた | トップページ | 太陽光発電2011年3月中間発表 »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/51127336

この記事へのトラックバック一覧です: EasyPIX での補正結果がおかしい?:

« EIZO EasyPIX Software Ver.2.0 がリリースされていた | トップページ | 太陽光発電2011年3月中間発表 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ