« 太陽光発電2010年12月中間発表 | トップページ | HDDのインターフェースの違いによる速度差(2) »

2010年12月19日 (日)

eSATA接続のHDDケースを購入

余っているSATAのハードディスクドライブを有効に活用する為に、外付けHDDケースを購入する事にしました。USB2.0 のHDDケースは安いものもありますが、速度の速い Firewire800 (IEEE1394b) で接続できる HDDケースは高いです。今なら USB3.0 が良いのかもしれませんが、Mac ではまだ一般的では無いように思います。

そこで、比較的価格が安くて速度も速い eSATA の HDDケースとインタフェースカードを買う事に決め、ネットで色々と調べた結果、秋葉館のTwin SATAN 2 と、RATOC Systems の REX-PE32S を購入しました。 Twin SATAN 2 の箱が大きいのにびっくりです。「林檎派」文字が良いですね。

Image_101218_1

HDDケースの Twin SATAN 2(写真左)は、4年前に購入した同じ秋葉館のFrontAttack DDT(写真右)と同じようなデザインです(大きさも同じです)。ただ、表面の加工が異なるようで、Twin SATAN 2の方がザラザラとした感じがします。FrontAttack DDT の方にも Twin SATAN 2 と同じ特徴的な足が付いていましたが、今は外して使っています。

Image_101218_2

HDDケースの中はこんな感じです。両方とも2台のHDDを内蔵する事が出来ます。FrontAttack DDT(写真右)の方には、インターフェースを変換する為にチップが乗っていますが、Twin SATAN 2(写真左)は、ケーブルが直接HDDに繋がるようで、中身はスカスカです。冷却ファンは、Twin SATAN 2 の方が大きいです。この Twin SATAN 2 の冷却ファンは、温度によっての速度が変化するようになっています。その為に Twin SATAN 2 には温度センサ(一番左の線)が付いています。

Image_101218_3

RATOC Systems の eSATA インターフェースカード REX-PE32S です。このインターフェースカードはホットプラグとディープスリープに対応しているそうですので、これに決めました。RATOC Systems は、以前より Mac で使えるインターフェースカードを出してくれていることから、今までにも RATOC Systems 製のインターフェースカードは何枚か買った事があり、親近感があります。

Image_101218_4

この REX-PE32S には、eSATA のインターフェースカードでよく使われている Silicon Image 社のチップ SiI3132 が使われています。今回、 同梱の CD-ROM に収録されているドライバは古いらしく、Snow leopard では上手く動作しないという情報がありましたので、Silicon Image 社の WEBページから最新のドライバ(SiI 3132 Mac OS X 10.6.x BASE (non-RAID) ver1.2.5.0)をダウンロードしてインストールしました。(RATOC Systems のWEBページでも古いドライバしか配布されていないようでした。)

始め、MacPro のスロット2 (PCI Express 2.0, 16レーン) に差したところ認識されずに焦りましたが、スロット4 (PCI Express 1.1, 4レーン)に差し直したところ、きちんと認識されました。後で REX-PE32S の仕様を確認したところ、PCI Express Specification 1.1準拠) と書いてありました。

Twin SATAN 2 の動作確認が出来た後、Twin SATAN 2 も FrontAttack DDT と同じように足を取ってゴム足を貼付けて、重ねて置きました。足はネジ止めされているだけですので、簡単に取れます。なお、Twin SATAN 2 はポートマルチプライヤ対応ではありませんので、2台のHDDを内蔵する場合は eSATAケーブルを2本つなげる必要があります。このケーブルが固くて、結構取り回しが厄介です。

Image_101218_5

« 太陽光発電2010年12月中間発表 | トップページ | HDDのインターフェースの違いによる速度差(2) »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/50337761

この記事へのトラックバック一覧です: eSATA接続のHDDケースを購入:

« 太陽光発電2010年12月中間発表 | トップページ | HDDのインターフェースの違いによる速度差(2) »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ