« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の記事

2010年11月30日 (火)

太陽光発電2010年11月の実績

今日で11月も終わりですので、11月の発電量を発表します。

11月は朝天気が良くて、昼から曇りという日が多かったような印象があります。11月の発電量は 221kwh でした。これは11月の発電量としては過去最高の値となります。割とよく発電していました。

Image_101130_1

2010年11月27日 (土)

久々にロンのアルバムを更新

2年ほど更新を怠っていたロンのアルバムを更新しました。今回更新したのは8巻〜10巻です。

ブログのタイトルが「コーギが住む発電所」なのに、最近全然ロンの写真を掲載していませんね。そこで、今回更新した写真から一部を掲載します。

Image_101127_1

Image_101127_2

Image_101127_3

2010年11月25日 (木)

Magic Mouse を使い始めて1年

Apple Magic Mouse を使い始めて、1年が経ちました。1年間使ってみての感想などを書いてみようと思います。

私にとっては、この Magic Mouse が初めてのワイヤレスマウスとなります。そのため、最初は電池を内蔵するワイヤレスマウスの重さが気になりました。当初は軽いイオンのトップバリュの充電池を使うなど、数グラム単位で軽くする事を試みていましたが、現在はマウスの重さに慣れてしまい、重くは感じなくなっています。そもそも数グラムの差は、その日の体調によっても感じ方が変わるように思います。

Image_101124_1

ところで、このトップバリュの単3型充電池でどれくらいマウスが使えるかですが、平均しますと、私の使い方でだいたい20日くらいのようです。トップバリュの単3型充電池は eneloop の半分の容量ですので、eneloop を使用した場合には 40日くらい保つのではないでしょうか。

次は遅いと言われるマウスの移動速度ですが、Apple製のマウスはカウント数が小さいため、私も始めは遅いと感じました。しかし使っていくうちに慣れてきて、むしろ Magic Mouse の方が狙った場所にマウスカーソルを保って行きやすいと感じるようになりました。という事で、現在は特にマウスカーソルの速度を上げるソフトをインストールする事なく使っています。(システム環境設定のマウスの「軌跡の速さ」は、一番速く設定していますが。)

Mac OS では、マウスを素早く動かすとマウスカーソルが加速して、速く動くというな仕組みになっています。ですので、遠くに動かすときには素早く、細かく動かすときにはゆっくりとマウスを動かすという使い方になります。どうもカウント数の大きいマウスを使っていると、常にマウスをゆっくりと動かすという癖がつくようです。それでApple製のマウスが遅く感じるのではないかという仮説を立てています。そもそもApple自身も、純正マウスで普通に使えるように OS を設定しているはずですしね。

最後に特徴的なスクロールですが、これはちょっと微妙なところがあります。ウェブブラウザやエディタなどで縦横にスクロールをする場合は、スクロース速度が自由にコントロールでき、非常に使い勝手が良く、ホイールのマウスに戻りたくないという気持ちがあります。しかし、マウスを持ったときにセンサが反応して、意に反してスクロールしてしまったり、(スクロールで数値が上下する仕組みを持つ入力欄で)打ち込んだ数値が変わってしまうことがあり、イライラすることもあります。持ち方が悪いのでしょうかねぇ。

全体的には満足しており、今後も使って行こうと思っています。

2010年11月23日 (火)

MacPro がプチフリーズ

今月に入ってから、MacPro (Early2008) がプチフリーズするようになりました。時々、1秒間程 MacPro が止まってしまいます。プチフリーズと言っても、外部記憶装置には HDD を使用していますので、SSD が原因のプチフリーズではありません。

最初、マウスカーソルが1秒間程止まってしまうという症状に気がつきました。このときは、Magic Mouse との Bluetooth の通信が上手くいっていないのではないかと疑いました。ネット上で MacPro の Bluetooth の通信トラブルの記事をよく目にしていましたので、先入観がありました。

しかし、MacPro の置き場所は変えていませんし、その状態で1年のあいだ問題なく使えていましたので、どうも違うような気がします。取り合えず、有線のマウスに交換して使ってみる事にしたのですが、それでも症状が発生しました。やはり Bluetooth の問題では無かったようです。

その後、止まっているのはマウスカーソルだけではなく、画面全体の更新が止まっているという事に気が付きました。画面のアニメーションや動画の再生も止まっています。アクティビティモニタを起動しておき、MacPro が止まったときに確認すると、画面描画を担当しているという WindowServer の処理が大きく増えていることが分かりました。

ソフト的な不具合の可能性も否定できませんが、なんかグラフィックスカードが怪しいかなぁ。

2010年11月20日 (土)

Parallels Desktop 6.0 for Mac にアップグレード

今まで Parallels Desktop for Mac 4.0 を使っていましたが、9月(パッケージ版は10月)に Parallels Desktop 6.0 が発売されているようですので、アップグレードすることにしました。1つ前のバージョンとなる Parallels Desktop for Mac 5.0 へは、その発売日が 4.0 を購入してあまり日が経っていなかったということで、アップグレードしていませんでした。

Parallels Desktop for Mac 5.0 以降はグラフィックスのパフォーマンスが向上しているそうで、Aero にも対応しています。そこで早速、Windows エクスペリエンスインデックスのスコアを計ってみました。

Image_101120_1

今まで基本スコアは 1.0 でしたが、4.5 となりました。各サブスコアの値を、昔に計測した BootCamp と Paralleles Desktop for Mac 4.0 での値と比べてみましょう。

コンポーネント Boot Camp Parallels 4.0 Parallels 6.0
プロセッサ 5.9 5.6 5.6
メモリ 5.9 4.5 4.5
グラフィックス 5.9 1.9 5.9
ゲーム用グラフィックス 5.5 1.0 5.4
プライマリハードディスク 5.4 5.9 5.9

確かにグラフィックスのサブスコアが大幅に伸びています。Boot Camp での値と同じくらいの値となっていますね。メモリのサブスコアは依然として Boot Camp より低い値となっています。メモリのサブスコアが改善すれば Boot Camp と遜色無く使えそうです。なお、Boot Camp でのハードディスクのスコアが低いのは、当時 Boot Camp に使用していたハードディスクが古く、性能が出ていないためです。

2010年11月15日 (月)

太陽光発電2010年11月中間発表

11月も半分が過ぎましたので、中間発表です。

ここ4日ほどは天気の悪い日が続いていますが、11月前半の発電量を見ると、過去3年の11月前半の発電量とほぼ同じくらいのようです。11月前半の発電量は112kwhでした。後半も同じくらいのペースで発電してくれると嬉しいですね。

Image_101115_1

2010年11月14日 (日)

また、マウスパッド買い替え

前回 、マウスパッドを買い替えてから、まだ1年も経っていませんが、マウスパッドの表面がすり減ってきて滑りが悪くなってきました。下の写真のとおり、パウスパッドでマウスがよく摩れる部分は傷がついてツルツルになっています。マウスの裏側も随分とすり減りました。

Image_101114_1

そこで、マウスパッドを買い替えました。新しいマウスパッドは、今使っているものと同じ大きさで、あまり高くなかった SIGMA の REFPAD というものにしました。色は今回も黒です。

Image_101114_2

マウスパッドを交換すると、また元のようにマウスの滑りが良くなりました。やはりマウスパッドは消耗品ですね。今回購入したパウスパッドの価格は1,280円です。3,000円以上もするパウスパッドも売られていましたが、そんなに違うものなのでしょうか...。

2010年11月 3日 (水)

Office for Mac Home and Student 2011

Office for Mac Home and Student 2011 を購入しました。購入したのはファミリーパック(3ユーザ 3Mac)です。このパッケージは世帯内の3台のMacにインストールできますが、商用目的には使用できません。

Image_101103_1

まだあまり使っていませんので使い勝手はよく分かっていませんが、Office2008 との大きな違いは、ツールパレット中心だったユーザインターファースからリボンに変わったというところでしょうか。仕事で Windows版のOfficeに慣れてしまっていますので、リボンの方が使いやすそうに感じました。また、Office2008 に比べると、起動などが速くなっている印象です。

あと、Office2008 Home & Student では、Autometor のアクションは含まれていませんでしたが、Office2011 Home & Studentには含まれていました。以前、Excel2008用に自分で作った Autometor アクションも無事に動作しました。

今回のOffice2011で嬉しいのは、は、VBAが使えるようになったことでしょうか。と言っても、いままで VBA を使ったことは無いのですが、これを機会に勉強してみようと思っています。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ