« Mac OS X でプログラミングを再開 | トップページ | 太陽光発電2010年3月中間発表 »

2010年3月14日 (日)

Mac OS X で Subversion を設定してみる

プログラミングを始めるのであれば、バージョン管理システムは要るだろうということで、Subversion を導入してみる事にしました。Subversion であれば、Mac OS X に標準で入っていますし、Xcode でもサポートされているみたいですので。

以下の手順で Subversion の設定ができました。(思い出しながら書いています。たぶん間違いないと思うが。)ここでは省略していますが、一般ユーザ権限でアクセスできない領域のファイルやディレクトリにアクセスしていますので、sudo で認証が必要となります。

Apache の設定

/etc/apache2/httpd.conf ファイルに下記の内容を追加します。

LoadModule dav_svn_module  libexec/apache2/mod_dav_svn.so

/etc/apache2/other/ ディレクトリに下記の内容で subversion.conf ファイルを作成します。このディレクトリに置かれたファイルは、httpd.conf にインクルードされるようになっています。

<Location /svn>
   DAV svn
   SVNParentPath /var/svn/repo
   SVNListParentPath on
   AuthType Basic
   AuthName "Subversion"
   AuthUserFile /var/svn/passwd
   Require valid-user
</Location>

Subversion用のディレクトリを作成

Subversion用のディレクトリを作成します。

mkdir /var/svn
mkdir /var/svn/repo

パスワードファイルの設定 passwd ファイルを使用して、全リポジトリにアクセス制限を行うようにします。

cd /var/svn
htpasswd -c passwd user-name
New password: ****
Re-type new password: ****
Adding password for user user-name

ディレクトリとパスワードファイルに適切な権限を設定します。

chown -R www:www /var/svn
chmod 600 /var/svn/passwd

リポジトリの作成

まず、テスト用にリポジトリを作成してみます。先ほど作成した /var/svn/repo/ ディレクトリ内にtestリポジトリを作成します。

mkdir /var/svn/repo/test
svnadmin create --fs-type fsfs /var/svn/repo/test
chown -R www:www /var/svn/repo/test

Apacheの起動

システム環境設定の「共有」で、Web共有をONにします。既にONになっている場合は、一度OFFにしてから再度ONにすれば、Subversionの設定が読み込まれます。これで、http://localhost/svn/test でリポジトリにアクセスできるはずです。

« Mac OS X でプログラミングを再開 | トップページ | 太陽光発電2010年3月中間発表 »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/47808132

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X で Subversion を設定してみる:

« Mac OS X でプログラミングを再開 | トップページ | 太陽光発電2010年3月中間発表 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ