« 玄続 KRHC-SATA を購入 | トップページ | 太陽光発電2009年9月の実績 »

2009年9月22日 (火)

再び、MacProのメモリを増設

Parallels Desktop 4.0 を使っていると、4GB のメモリでは少し心もとない気がします。最近メモリの価格が下がってきているようですので、この際増設する事にしました。

Image_090922_1 調べてみますと、MacPro(Early 2008) 用 2GB の DDR2-800 FB-DIMM 2枚セット(4GB)で12,000円ほどで買えるようです。他の種類のメモリと比べると割高ですが、以前に2GB増設したときは15,800円でしたので、かなり安くなっています。今回は、Transcend 製のものを買いました。

メモリモジュールはこんな形です。MacPro 用として売られていますので、Apple純正と同様のヒートシンクが付いています。

Image_090922_2

下の写真はMacProのメモリカード(ライザーカード)です。MacPro には、このライザーカードが上下に2枚入っていまして、合計8枚まで FB-DIMM を挿す事ができます。ライザーカードには、既に4枚のFB-DIMMが差さっていますので、今回の増設で6枚となります。

Image_090922_3

ライザカードの差さっている FB-DIMM のうち、上の2枚が今回購入した 2GB のメモリモジュールです。今回購入した2GB のメモリモジュールに付いているヒートシンクは、今まで使っていた1GB のメモリモジュールのヒートシンクより小さいようです(メモリモジュール間に隙間が空いています)。これで放熱が大丈夫なのかが心配です。

MacPro の電源を入れると増設したメモリは無事に認識され、合計で 8GB となりました。

Image_090922_4

メモリテストには2時間近くかかりましたが、結果に異常は無いようです。そして気になるメモリモジュールの温度ですが、フリーウェアの Temperature Monitor で調べたところ、下記のようになっています。

Ambient  27 ℃
Memory Module A1  61 ℃
Memory Module A2  65 ℃
Memory Module A3  56 ℃
Memory Module A4  56 ℃
Memory Module B1  52 ℃
Memory Module B2  54 ℃

環境温度は27 ℃ です。今回購入した 2GB のメモリモジュールは A3 と A4 に入っていますので、56 ℃ ということになります。以前に購入した 1GB のメモリモジュール(A1, A2)の方が温度が高くなっているようです。今回メモリを増設する前までは、A と B でほぼ同じ温度だったと思いますので、今回のメモリ増設で放熱が悪くなったという感じです。少し気になりますね。

« 玄続 KRHC-SATA を購入 | トップページ | 太陽光発電2009年9月の実績 »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMで検索してたどり着きました。
我が家でもわんちゃん(ミニチュアダックス)を飼ってて、
デジイチで取りまくっていますが、
走っているわんこを撮りたいなと思っています。
そこで18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMが
そこそこ望遠があって手ぶれ補正がついているということで購入を検討していますが、
走っているわんちゃんを撮影するには適していますでしょうか?

私も多くのレンズを使用して比較した経験がある訳ではないので、このレンズが走っている犬を撮影するのに適しているかは判断できません。

ただ、何度か愛犬の写真を連射で撮っていますが、特に不自由は無かったように記憶しています。

今お使いのレンズでは、走っている犬を撮影する上で何かご不満があるのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/46284385

この記事へのトラックバック一覧です: 再び、MacProのメモリを増設:

« 玄続 KRHC-SATA を購入 | トップページ | 太陽光発電2009年9月の実績 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ