« MacOS X 10.6 Snow Leopard 到着 | トップページ | 太陽光発電2009年8月の実績 »

2009年8月29日 (土)

Snow Leoardのインストール

Snow Leopard のインストールが終わりました。ネットでは、インストールが途中で止まると行った報告が多数上がっていたので、ちょっとドキドキしましたが、無事インストールは終わりました。

まだ完全に元通りにはなっていませんが、メジャーなソフトの再インストールと、データのコピーは終わったというところです。いつもOSの再インストールの機会に、ハードディスクの中身を整理するためにクリーンインストールしてますが、大変なので次から止めようかとも思ってしまいます。

今回もOSのクリーンインストール用に新しいハードディスクドライブを購入しました。今回は容量1Tのハードディスクドライブを2台購入しました。ハードディスクドライブを同時に2台買ったのは初めてです。今までは起動ディスクを新調して、前の起動ディスクをバックアップ用に回すということをやっていましたが、昨年からフィルムのスキャンやDVテープの読み込みを行ったため、バックアップ用のハードディスクが足りなくなってきているのです。

買ったのは、Sofmapで一番高かったドライブと、一番安かったドライブです。
 安い:日立GST Deskstar 7K1000.B HDT721010SLA360
 高い:WesternDigital Caviar Black WD1001FALS

Image_090829_1

WD1001FALSはネットで速いという評判でしたが、どのくらい違うのか、フォーマット直後にXbench1.3で調べてみました。3回測定してスコアを平均しています(大きい方が速いということになります)。

シーケンシャルアクセス
 HDT721010SLA360: 160.24
 WD1001FALS: 162.46

ランダムアクセス
 HDT721010SLA360: 48.05
 WD1001FALS: 71.34

この比較では、シーケンシャルアクセスは同じくらいのスコアですが、ランダムアクセスはWD1001FALSの方が速いようです。

予定通り、WD1001FALSの方を起動ディスクにしました。

« MacOS X 10.6 Snow Leopard 到着 | トップページ | 太陽光発電2009年8月の実績 »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/46064395

この記事へのトラックバック一覧です: Snow Leoardのインストール:

« MacOS X 10.6 Snow Leopard 到着 | トップページ | 太陽光発電2009年8月の実績 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ