« EIZO FlexScan SX2461W-PXBKを購入 | トップページ | EIZO EasyPIX »

2009年4月19日 (日)

広色域モニタで困った...

今回購入した EIZO FlexScan SX2461Wは、今流行の広色域対応の液晶モニタです。sRGBより色域の広いAdobeRGBの96%をカバーしています。sRGB対応モニタで表示できない鮮やかな緑や明るい赤を表示できます。

しかし、Webコンテンツで使用されている画像の多くはsRGB色空間で作成されています。これをカラーマネージメント無しに広色域のモニタで表示させると、本来の色より鮮やかな表示となってしまいます。

MacOS Xではシステムレベルでカラーマネージメントされているので、このような問題は無いであろうと単純に考えていました。しかしWebを見ると、あちらこちらが色鮮やかに表示されます。良く考えると解る事ですが、画像にカラープロファイルが無いとカラーマネージメントがされませんので、色鮮やかになるようです。特に赤で書かれた文字がまぶしい。

このような時の為に、SX2461WにはsRGBモードが付いています。SX2461WのsRGBモードはsRGB色空間変換機能を搭載していますので、正確にsRGBの画像が表示されるそうです。このモードを使わない手はありません。

確かにsRGBモードにすると、Webの画面は今まで通りに表示されます。しかし、なぜかsRGBモードは他のモードに比べて輝度を十分に下げることができないようです(sRGB色空間変換機能のせいでしょうか)。昼はともかく、夜は結構まぶしい。これは困った。

で、取りあえず、他の広色域のモードで色の濃さを約-18に設定して鮮やかさを押さえる事にしました。これでだいたいCinema Displayの表示と近くなるように思います(黄色が少し薄いかな)。写真を見るときはEasyPIXを使ってカラーキャリブレーションした状態で見る事にします。

追記
MacOS X 10.6 Snow Leopard では、Finder が ColorSync に対応したようです。広色域モニタでもアイコン等の色が正しく表示されますので、随分と良くなりました。

また、最近では慣れてきて、Web を見るときと、写真を見るときとで、モニタの設定を変える事もありません。

« EIZO FlexScan SX2461W-PXBKを購入 | トップページ | EIZO EasyPIX »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/44725708

この記事へのトラックバック一覧です: 広色域モニタで困った...:

« EIZO FlexScan SX2461W-PXBKを購入 | トップページ | EIZO EasyPIX »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ