« 液晶モニタの標準サイズは24inchか? | トップページ | 太陽光発電2009年3月の実績 »

2009年3月21日 (土)

ピンホールカメラに挑戦

デジタル一眼レフを使うと、お手軽にピンホールカメラができるようですので、ちょっと挑戦してみました。

まずボディキャップを用意します。カメラ屋さんで250円で売っていましたので、ピンホールカメラ用に買ってきました。これの中央にドリルで穴をあけます。今回は2.5mmの穴を開けました。

次にアルミホイルを用意し、真ん中くらいに針で穴をあけます。そして穴の周辺をマジックで黒く塗りつぶします。これを先ほど穴をあけたボディーキャップにテープで張り付けます。これをカメラに装着して完成です。

Image_090321_1

ピンホールの大きさは0.2mm〜0.3mmくらいで、丸いのが理想だそうです。こんな小さな穴は定規で測れませんので、スキャナで取り込んでみました。

Image_090321_2 1200dpi でスキャンした画像をパソコンで見て、何ピクセルあるかを調べればおよその大きさが判ります。画像を見ると穴は丸くは無いようです。大きさはおよそ12ピクセルくらいでしょうか。計算しますと、
12÷1200×25.4=0.254mm
となります。

このように簡単に作ったピンホールカメラでどのような写真が撮れるか試してみました。

Image_090321_3

Image_090321_4

Image_090321_5

全体にボーッとしていて、いつものクッキリした写真とはまた違った感じですね。

« 液晶モニタの標準サイズは24inchか? | トップページ | 太陽光発電2009年3月の実績 »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/44418535

この記事へのトラックバック一覧です: ピンホールカメラに挑戦:

« 液晶モニタの標準サイズは24inchか? | トップページ | 太陽光発電2009年3月の実績 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ