« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の記事

2008年11月30日 (日)

太陽光発電2008年11月の実績

今日で11月が終わりですので、11月の発電量を発表します。

11月も天気が悪かったという印象ですね。発電量は208kwhでした。なかなか発電量が伸びずヤキモキしましたが、なんとか昨年11月と同じだけ発電できました。昨年11月の記事をみると、「11月は天気が悪かった」と書いてあります。11月って、こういう天気なのでしょうね。

Image_081130_1

2008年11月25日 (火)

PIXUS MP980 購入 (4)

最後にネガフィルムのスキャンを試してみます。

ネガフィルムのスキャンは、自動色調整と輪郭強調をONに、退色補正を「普通」にして、トーンカーブで暗部を持ち上げるように補正しました。取り込みサイズは3000×2000pixelです。

まずはCanoScan9950F でスキャンした画像です。

Image_081125_1

次はPixus MP980 でスキャンした画像です。

Image_081125_2

また色身が違いますね。これでは良く判らないと思いますので、一部分を拡大したものを比較してみましょう。右がMP980です。

Image_081125_3

MP980 の方が輪郭強調をONにしているにも関わらず、ボケた感じです。これが性能の差なのか、それとも他に原因があるのかは、これだけでは判りませんね。また他の設定やフィルムで試してみても良いかもしれません(面倒なので、またいつか... )。

ひとつMP980 の方が良かった事は、フィルムのクロップ(フィルムのコマの切り出し)が正確なことでした。9950F の方はなぜかクロップがずれるんですよね。今回も9950Fは、手動でスキャン範囲を設定しました。

2008年11月24日 (月)

PIXUS MP980 購入 (3)

今度は写真のスキャンを試してみます。

まず最初に感じたのは、Pixus MP980 のスキャナは音が静かな事です。CanoScan9950Fは原稿読み取りユニットが大きいためか結構大きな音がしました。これなら夜でも気兼ねなくスキャンできそうです。また、A4サイズのカラー原稿を300dpi で取り込んだ場合の速度は、MP980 の方が倍程速いようです。

なかなか良い原稿が見つからなかったのですが、以前に撮った松本城の写真をスキャンして比べてみる事にしました。画像は全ての補正機能をオフにして600dpiでスキャンしました。まずはCanoScan9950Fでのスキャン画像から。

Image_081124_1

次がPixus MP980 でのスキャン画像です。

Image_081124_2

色身以外は大体同じように取り込めました。9950Fは少し赤みがかかっていて、MP980は緑がかかっているように思います。写真を撮った日は曇りで、空は真っ白に写っています。この空の部分にスキャナの光によって紙のデコボコによる陰ができるのか、グレイの斑点が現れています。この斑点はMP980の方が多いようです。

一部分を拡大してみました。

Image_081124_3

色身以外は似たような感じですね。そんなもんかなぁ。

2008年11月23日 (日)

PIXUS MP980 購入 (2)

PIXUS MP980 購入 (1)」の続きです。

PIXUS MP980 は、MacProとiBookG4で共有したいのでLANを使って接続します。MP980は有線と無線のどちらかで接続できるのですが、ルータに近い事と通信速度を考えて有線で接続する事にしました。

ネットワークの設定をするためには、まずMP980 をUSBで接続する必要があります。設定をしようとすると、無線のアクセスポイントを探しにいこうとします。調べると、有線と無線の切り替えは先にプリンタ側でしなければなりませんでした。

ようやく接続ができましたので、試しに写真を印刷してみる事にしました。PIXUS 950i と比較したいので、最近950i でプリントしたものと同じ写真を印刷する事にします(950i は壊れていますので、新たに印刷できません)。

Image_081123_1

この写真を950i で印刷したときと同じ画像、同じ設定にして、MP980 で印刷しました。印刷に使ったソフトはPhotoshopで、「プリンタによるカラー管理」で印刷しています。

出来上がったプリントを、950i で印刷したものと合わせて、CanoScan9950Fでスキャンしたものが下の画像です。上が950i 、下がMP980 です。

Image_081123_2_3

MP980 の方が明るく、エッジが強調されたように印刷されました。MP980 の方が元の画像に近いように思います。

950i では暗い部分に青色がかかっていますが、MP980 はグレイになっているようです。これはグレイインクのお陰でしょうか。また、MP980ではフォトマゼンタとフォトシアンのインクが無くなったのですが、プリントを見た感じでは粒状感は全く感じられません。そこで、いくつかの場所を拡大してみました。右側がMP980 です。

Image_081123_3

Image_081123_4

Image_081123_5

プリントでは粒が分からなかったのですが、こうして拡大してみるとMP980 の方が粒が目立つ事が判ります。まぁ、プリントを見ただけでは粒は感じられないので、問題は無いですけどね。

2008年11月22日 (土)

PIXUS MP980 購入 (1)

PIXUS 950i が壊れたので、色々とプリンタを物色していたのですが、結局CANONの複合機PIXUS MP980を購入しました。

Image_081122_1

今CANON機でDVD/CDレーベル印刷とネットワーク接続ができるものとなると、MP980 か MX850 となります。FAX機能は要らないし、グレイインクがある方が写真印刷は奇麗かと思い、MP980 になりました。

デザインは、前のMP970 の方が何となく好きだったのですが、MP980 の実物を見ますと、これも悪くないかなと思いました。

新旧入れ替え記念に、MP980 と950i を並べてみました。

Image_081122_2

MP980 は前の機種より小さくなっているそうですが、複合機は随分と大きいですね。でもギリギリ 950i を乗せていた防湿庫の上に置く事ができました。ただ、複合機のサイズを小さくするためか、インクタンクも小さくなってしまいました。

Image_081122_3

価格は 950i の6系インクと比べると、50円高くなってサイズは小さくなっています。カタログでは、950i のインクコストが14.7円、MP980のインク・用紙合計コストが17.9円となっています。光沢ゴルード紙が1枚5円くらいですので、950i のインク・用紙合計コストは19.7円となります。カラー印刷時のインクが1色減っているから少しコストが下がっているのでしょうかねぇ。

しかし、スキャナと液晶モニタが付いて、ネットワーク接続可能になったのに、950i より安くなっているのは凄いですね。でも少し作りが安っぽくなっているように感じます。

2008年11月21日 (金)

古いフィルムをデジタルに (4)

やっと手持ちのフィルム188本のスキャンが終わりました。思っていたより早く終わる事ができました。前回の報告 から4ヶ月で88本スキャンした事になります。1ヶ月に22本となりますね。終わりくらいになってペースが上がりました。

スキャンした写真の枚数を数えたら4551枚でした。CanoScan9950Fも頑張ってくれました。途中で壊れたらどうしようかと思っていました。

ただ、まだスキャンしただけで写真の補正が残っています。今回はオートでスキャンしていますので、マトモな階調、色調になっていない写真も多いのですが、写真の補正の方は、ぜんぜん進んでいません。おいおいやっていく事にします。

スキャン完了記念に、14年前にハワイで撮った写真を掲載します。この写真は安いコンパクトカメラで撮ったものです。この頃は、ぜんぜん写真に興味を持っていなかったんですよね。

Image_081121_1

Image_081121_2

2008年11月20日 (木)

SilverKeeper V2.0 がリリース

LaCie社から配布されていたMac用のフリーのバックアップソフト SilverKeeper が Ver 2.0.1 にアップデートされました。

Image_081120_1

OSをLeopard に変えるまでは、ファイルのバックアップに SilverKeeper を使っていたのですが、SilverKeeper が Leopard と互換性が無いとされていましたので、使うのを止めていました。

今度の SilverKeeper V2.0 は OS X 10.3.9〜10.5.x に対応しているようです。Readmeを読んでみますと、新たにX Codeで書き直したそうです。前のSilverKeeper 1.1.4 は、中途半端に日本語に対応していましたが、2.0.1では、まだ日本語に対応していないようですね。

まだ起動してみただけで使っていませんが、おいおい使ってみようと思います。

2008年11月17日 (月)

PIXUS 950iが壊れました

CANONのプリンタ PIXUS 950i が壊れてしまいました。

Image_081117_1

購入したのは2003年6月でしたので、5年と5ヶ月使った事になります。950i は8台目に購入したプリンタとなりますが、恐らく一番長く、また一番多く使ったプリンタだと思います。

少し前から印刷速度が遅くなるという症状が出ていました。ノズルチェックパターンを印刷してみると、下のようにシアンが規則的に出ていません。これは以前にも経験があって、目詰まりではなく、プリントヘッドが壊れたように思います。

Image_081117_2

念のためクリーニングをしてみましたが、回復はしませんでした。また、クリーニングと途中で電源ランプがオレンジ色に8回点滅です。廃インクタンクが満杯になる直前のようです。さらに、エラー311とエラー5200が表示されました。

販売店の5年保証も切れているし、もう買い替えかなぁ。性能、デザイン共に気に入っていたのですが残念です。

EPSON機は過去に3台購入していますが、あまり良い思い出が無いので、またCANON機にしたいと思っています。

しかし、今CANONのカタログを見ても、欲しいと思うプリンタがありません。スキャナは持っているので複合機でなくても良いのですが、A4サイズのもので良いと思うものが無いのです。A3ノビのものは良さそうですが大きくて高いですし、MP980になるのかなぁ。

2008年11月16日 (日)

秋の写真

きのうは天気予報が外れて、昼前くらいから天気が良くなってきました。秋らしい写真を撮ってみたくなったので、ロンの散歩にEOS 40Dを持って出ました。

Image_081116_1

最近レンズはSIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMばかり使っていますので、今回は久しぶりにTAMRON SP AF28-75mm F2.8を持って出ました。ロンの散歩のときは、いつもレンズは1本です。

Image_081116_2

Image_081116_3

Image_081116_4

2008年11月15日 (土)

太陽光発電2008年11月中間発表

今日で11月も半分が過ぎましたので、中間発表です。

11月前半の発電量は108kwhでした。7日からずーっと天気が悪かったのですが、12日から天気が回復し、なんとか発電量が昨年同時期と同じ値となりました。

Image_081115_1

11月12日に SOLAR CLINIC で2008年10月の発電ランキングが発表されました。「コーギーが住む発電所」は月間発電指数(日照条件、設置条件の違いを考慮した“実力”)の比較で、286の発電所の中で283位でした。パネル容量1kWあたりの発電量では、286の発電所の中で282位です。

2008年11月11日 (火)

Photoshop CS4日本語版が正式発表

Photoshop CS4日本語版が12月中旬に発売されるようです。アップグレード版の価格は予想通り26,250円ですね。

今はPhotoshop CS3を使っているのですが、高いソフトなので、そう毎回アップグレードできません。今回のCS4へのアップグレードは見送りかなぁ。

2008年11月 9日 (日)

Bento2購入

Image_081109_1Bento2を買いました。前のBentoが発売されていから8ヶ月という早さでバージョンアップです。価格は前バージョンと同じ5,040円です。アップグレード版というものは存在しないようです。価格が安いので、正規版を買ってくださいということなのでしょう。(AppleのiLifeやiWorkと同じですね。)

さて、Bento2ですが、前のバージョンより幾分使いやすくなっているようです。一覧表とフォームを同時に参照できる分割表示が便利ですね。また、データもExcelやNumbersのファイル形式で書き出せるなど、表計算ソフトとの連携もやり易くなりました。

2008年11月 4日 (火)

宛名職人 ver15 アップグレード版を購入

宛名職人 ver15 アップグレード版を購入しました。

Image_081104_1 宛名職人 ver15 は昨年の発売予定だったのですが、開発上の問題から延期され、1年たった今年の10月31日にようやく発売となりました。年賀状の季節を逃すとあまり売れないソフトだと思いますので、昨年末までに発売が出来なかったとなると、1年間延長となるのはやむを得ないかもしれません。

今まで使っていた宛名書きソフトは宛名職人 ver11 ですので、5年ぶりにアップグレードすることになります。今回の ver15 では、ユニバーサルバイナリとなったのに加え、「Macらしさを追求しインターフェイスもフルモデルチェンジ」とありますので、購入する事にしました。

まだあまり使っていないのですが、アジェンダソフトのFAQにあるver14との比較を見ますと追加された機能もありますが、結構機能が削減されている事が判ります。FAQでは、「古くなった機能や、Mac OSの機能を利用することにより代用できるいくつか機能を削除しました。」となっています。見た感じでは付加的な機能が無くなり、以前に比べてシンプルになった感じがします。

なお、発売日である2008/10/31に、ver15.0.1へのアップデータが公開されています。修正項目を見ますと、色々と仕様変更がなされているようです。

市販のMac版の宛名書きソフトは、この宛名職人しか無いと思いますので、これからも頑張ってもらいたいところです。

2008年11月 3日 (月)

靈山寺のバラ庭園

家族で奈良の靈山寺(りょうせんじ)のバラ庭園に行ってきました。

Image_081103_1

人はそれ程多くはなかったと思います。一眼レフカメラを持って写真を撮られている方が何名かおられました。

Image_081103_3_2

家に帰って写真を見ると、花びらの一部が枯れていたので大胆にトリミングしてみました。撮っている時に気が付かないとは情けない... 。

Image_081103_2_2

Image_081103_4

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ