« アルミワーキングライト | トップページ | CanoScan9950Fのガラス裏面を掃除 »

2008年10月12日 (日)

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMを修理

以前より何度かこのブログで、EOS 40DでSIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMを使って撮影すると、何度かエラー01が表示されるということを書いていました。前月の中頃、EOS Kiss Digital Nにこのレンズを付けて撮影したところ、度々エラー99が表示される事が判りました。連写も満足にできない状況でした。

Image_081012_1 さすがにこれでは撮影に支障をきたしますので、先月中旬ごろにSIMGAに修理をお願いしました。このレンズは通販で購入しましたので、直接SIGMAに送りました。

修理にかかった日数は、レンズがSIGMAに到着してから発送されるまで、ちょうど3週間、14営業日でした。

修理品納品書には、「AF作動不具合」、「AF作動調整、エラー調整を致しました。」と書かれています。

修理から戻ってきてから、EOS 40Dで100枚近く写真を撮っていますが、今のところエラーは発生していません。

ネットを見ていますと、同様なエラーが発生している方もおられるようです。エラーでお困りの方は修理に出されてはいかがでしょうか。

« アルミワーキングライト | トップページ | CanoScan9950Fのガラス裏面を掃除 »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/42763976

この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMを修理:

« アルミワーキングライト | トップページ | CanoScan9950Fのガラス裏面を掃除 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ