« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の記事

2008年10月31日 (金)

太陽光発電2008年10月の実績

今日で10月が終わりですので、10月の発電量を発表します。

10月は天気が悪かったという印象ですね。曇りや雨の日が多く、発電量は伸びませんでした。結局発電量は263kwhに留まり、昨年10月と比べると23kwh少ない値となりました。

Image_081031_1

2008年10月30日 (木)

神戸花鳥園 (3)

花鳥園は鳥だけではなく、多くの花もあります。今回はスイレンの花を多く撮りました。

Image_081030_1

Image_081030_2

Image_081030_3

これらの写真は全てSIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMで撮りました。シャッターは遅めでしたので、結構手振れ補正は効いているのではないかと思います。

2008年10月29日 (水)

神戸花鳥園 (2)

花鳥園で撮った鳥の写真の続きです。

Image_081029_1

Image_081029_2

人に慣れているようで、鳥に近づいて写真を撮る事ができます。ただ、人が多いので、なかなか鳥だけを撮るのが難しかったりしますが... 。

Image_081029_4

この写真のように鳥に腕に乗せてエサをあげる事ができます。クチバシを使って、カップの中のエサをじょうずに食べます。

Image_081029_3

なんか、堂々とした感じです。

2008年10月28日 (火)

神戸花鳥園 (1)

神戸ポートアイランドにある花鳥園に行ってきました。花もきれいなのですが、ここでは鳥と触れ合えるのが良いですね。

Image_081028_1

Image_081028_4

ここの鳥は人に慣れていて、エサを貰うために近寄ってきます。

Image_081028_2

Image_081028_3

このフクロウは可愛いですね。今回、一番のお気に入り写真です。

花鳥園では、全てSIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMで写真を撮りました。この日は雨天で夕方だったこともあり結構暗かったのですが、手振補正機能のおかげで助かりました。最後のフクロウの写真は焦点距離110mmでシャッター1/15でしたが、なんとか撮れました(等倍で見れば少しブレていますが... )。

2008年10月27日 (月)

モザイク・メリケンパークの夜景

久しぶりに神戸のハーバランドとメリケンパークに遊びに行きました。三脚を使わずに、SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMの手振れ補正だけで夜景の撮影の挑戦です。

Image_081027_1

夕方、神戸メリケンパークオリエンタルホテルから、ハーバーランドを出港するコンチェルトを撮りました。晴れていれば夕焼けが奇麗なのでしょうけど、雲が多かったので残念です。

Image_081027_2

対岸のモザイクに行って、逆に神戸メリケンパークオリエンタルホテルを撮りました。海からせり上がる白い波をイメージした形になっているそうです。

Image_081027_3

これはモザイクから撮ったメリケンパークの夜景です。この写真は定番ですね。

Image_081027_4_2

最後に、もういちどホテルに戻り、対岸のモザイクの夜景を撮りました。夕方に出港したコンチェルトが戻ってきています。

2008年10月16日 (木)

太陽光発電2008年10月中間発表

昨日で10月も半分が過ぎましたので、中間発表です。

10月前半の発電量は133kwhでした。昨年の10月前半の発電量は137kwhでしたので、ほぼ昨年と同じくらいとなります。10月も天気が悪いという印象ですが、昨年とほぼ同じ発電量という事から見ると、10月の天気というのはこんな物なのかもしれません。

Image_081016_1

10月15日に SOLAR CLINIC  で2008年9月の発電ランキングが発表されました。「コーギーが住む発電所」は月間発電指数(日照条件、設置条件の違いを考慮した“実力”)の比較で、296の発電所の中で286位でした。パネル容量1kWあたりの発電量では、296の発電所の中で263位です。

2008年10月15日 (水)

新しいMacBookが欲しい

新しいMacBookが発売されました。かっこいいです。「一枚のアルミ板から削り出された、継ぎ目のないなめらかな筺体」というのが良いです。是非、私のアルミ製品コレクションに加えたい。

iBookG4をMacBookに買い替えずに待っていた甲斐がありました。しかし、最近無駄遣いばかりしているので、暫くは買えそうにありません。今年はMacProを買っていますしね、我慢でしょうか。

このアルミMacBookでひとつ残念なのは、FireWire400が廃止された事ですね。「HDDのインターフェースの違いによる速度差」 で書きましたが、USB2.0よりFireWire400の方が速いので残しておいて欲しかったのですけどね。

2008年10月14日 (火)

久しぶりにロンの写真

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMの修理が終わり、手元に戻ってきたので、週末ロンの散歩のときにレンズを持ち出してテスト撮影をしました。

ようやく涼しくなってきたので、ロンも元気です。ノーファインダで地面すれすれにカメラを構え、犬の目線で撮ってみました。

Image_081014_1

Image_081014_2

2008年10月13日 (月)

CanoScan9950Fのガラス裏面を掃除

古いフィルムをデジタルに」 でネガフィルムのスキャンに使用しているフラットベットスキャナのCanoScan9950Fですが、ガラス面の裏側が曇っています。

このスキャナは通販で結構安く買ったものなのですが、購入時よりガラスの裏側が曇っていました。このスキャナを購入した時は、既にCanoScan9950FVが発売されてから結構たっていたころでしたし、CanoScan9950Fの出荷は止まっていたと思いますので、恐らく購入したスキャナは倉庫に長い間眠っていた物なのではないかと思っています。

昨日、なぜか急に分解してガラスの裏面を拭きたくなりました。色々調べてみると、スキャナ後部のカバーを取り外すと、ガラスを取る事ができる事が判りました。

Image_081013_1

スキャナのふたを取り付ける穴の奥にネジがあります(写真の赤丸部分)。後部のカバーは、写真の三角印のところにある爪によりはめ込まれているようです。この爪を外すと後部カバーは取り外す事ができます。下の写真は、ネジと後部カバーの爪の位置です。

Image_081013_2

後部のカバーを取り外すと、ガラスを後ろに引くだけで簡単にガラスを取り外す事ができます。

Image_081013_3

取り外したガラスをレンズを拭く為に使っているセーム革で乾拭きすると、ガラスの曇りはきれいに取れました。あとはホコリが入らないように気をつけながら元通りの組み立てればOKです。もっと早く拭いておけば良かった。

これを見て自分でもやってみようと思われた方、自己責任でお願いしますね。

2008年10月12日 (日)

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMを修理

以前より何度かこのブログで、EOS 40DでSIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMを使って撮影すると、何度かエラー01が表示されるということを書いていました。前月の中頃、EOS Kiss Digital Nにこのレンズを付けて撮影したところ、度々エラー99が表示される事が判りました。連写も満足にできない状況でした。

Image_081012_1 さすがにこれでは撮影に支障をきたしますので、先月中旬ごろにSIMGAに修理をお願いしました。このレンズは通販で購入しましたので、直接SIGMAに送りました。

修理にかかった日数は、レンズがSIGMAに到着してから発送されるまで、ちょうど3週間、14営業日でした。

修理品納品書には、「AF作動不具合」、「AF作動調整、エラー調整を致しました。」と書かれています。

修理から戻ってきてから、EOS 40Dで100枚近く写真を撮っていますが、今のところエラーは発生していません。

ネットを見ていますと、同様なエラーが発生している方もおられるようです。エラーでお困りの方は修理に出されてはいかがでしょうか。

2008年10月11日 (土)

アルミワーキングライト

今、アルミ製のものを揃えるのがマイブームとなっています。アルミ製のデスクライトが欲しくて探していたのですが、良い物は高いですね。BALMUDAのhighwire がお気に入りだったのですが、6万円もしますし、ちょっと手が出せません。そこで、価格の安い無印良品のアルミワーキングライト(9,450円)を購入しました。

Image_081011_1

机の上はこんな感じになっています。この写真に写っている机上のものは全てアルミが素材に使われているものです(フォトフレームもですね)。

元々のデスクライトの角度調節用つまみは、デスクライトを机の右側に置いた場合に手前にくるように付けられていましたが、私は机の左側に置きたかったので、つまみを取り外し、反対側に付け直しました。

Image_081011_2このアルミワーキングライトですが、デザイン的には気に入っているのですが、質感という点では値段相応というところでしょうか。

また角度調節用つまみには細かい傷がついていますし、その取り付け部分にも傷があります。さらにベースの差し込み部分もグラグラしているのも気になります。

この値段ですと、こんなものなのでしょうかねぇ。

2008年10月 5日 (日)

PowerMateを買いました

GriffinTechnology社のPowerMateを買いました。

Image_081005_1

PowerMateは結構前に発売された物ですのでご存知の方も多いと思いますが、アルミ製のボリューム型のUSBデバイスです。写真の通りオーディオ機器のボリュムのような質感で、台座の部分が青く光り、大変おしゃれです。

PowerMateはパソコンの音量をコントロールする他にも、色々なアプリケーションに対してどのようなコントロールを行うかを設定する事ができます。アプリケーションの制御は、ボリュームノブを回したり押したりしたときに、設定されたキーボードショートカットをアプリケーションに送ることにより行われます。

Image_081005_2

PowerMateは、正規代理店経由のものを購入すると10,000円くらいしますが、並行輸入品ですと6,000円くらいで買えます。だたし並行輸入品の場合、正規代理店でのサポートは受けられませんのでご注意を。

2008年10月 4日 (土)

ティッシュケース

通販でティッシュケース、ヤマト工芸 のNAURE-BOXを購入しました。色はナチュラルで、価格は2,625円でした。

Image_081004_1

以前にもヤマト工芸のゴミ箱を買った事がありますので、ヤマト工芸のものは、これで2つ目となります。

Image_081004_2_2素材はシナ合板です。大きさは、ティッシュの箱より一回り大きく、横3cm、奥行き1.5cm程の余裕があります。本当はぴったりの大きさの方が良かったんですけどね。ケースの裏に2枚の移動する小さな板が付いていて、ケースを持ち上げてもティッシュの箱が落ちないようになっています。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ