« 撮像素子のゴミ取り | トップページ | データのバックアップ戦略 »

2007年12月 3日 (月)

古いフィルムをデジタルに

2004年にEOS Kiss Digitalを買うまでは、写真は殆ど銀塩カメラを使って撮っていました。銀塩カメラを使っていた10年間でネガフィルムは188本(殆ど24枚撮り)になりました。1年で約18本のペースです。写真を趣味にされている方に比べると少ないと思いますが、一般的な家庭よりは多いかもしれません。

ネガフィルムは通し番号をつけて保存しているのですが、これをデジタル化したくなりました。

家庭で手持ちのネガフィルムをスキャンすると言うと、大抵は手間が掛かるので、やめておいた方が良いと言われますが、ちょっと挑戦してみようかと考えています。

手間をかけないようにしなければ、絶対にくじけてしまいます。量が多いので1コマづつの画像調整は行わずに自動でスキャンします。また、途中で挫折する事も十分考えられるので、スキャンしたいフィルムから順に作業をした方が良いですね。

スキャナはフラットベットスキャナのCanoScan9950Fを使います。

Photo_071203_1

こいつは35mmフィルム(スリーブ)を5本まで一度にスキャンできます。24枚撮りのネガは通常5本に分けられていますので、一度に24コマ全てをスキャンできることになります。24コマを600画素でスキャンした場合、約1時間ほどかかるようです。

Photo_071203_2

土日に1本ずつスキャンするくらいのペースでいけば、1年で100本はスキャンできます。2年で完了するはずですが、そう上手くいきますかどうか...。

実はまだ順調には行っていません。ドライバが悪いのか、フィルムからのコマの自動切出がうまく行きません。またスキャナの電源投入後、あまり時間を空けずにスキャンすると、光源が安定しないためか、写真の色が明らかに(すごく)悪いです。上手くいく作業手順がはっきりとすれば、効率が上がるかもしれません。

現在のところ、7本のフィルムがスキャン完了です。

« 撮像素子のゴミ取り | トップページ | データのバックアップ戦略 »

カメラ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212936/17267350

この記事へのトラックバック一覧です: 古いフィルムをデジタルに:

« 撮像素子のゴミ取り | トップページ | データのバックアップ戦略 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ